2012年10月30日

臼澤みさき

臼澤みさき(うすざわみさき)
故郷歌う被災少女が歌手デビュー
臼澤みさき(うすざわみさき)故郷.jpg

るんるん臼澤みさき「故郷(ふるさと)〜Blue Sky Homeland〜」


位置情報(*)臼澤みさき(うすざわみさき)プロフィール
本名:臼澤岬
生年月日 :1998年10月8日
出身地 :岩手県
デビュー曲 :故郷(ふるさと)〜Blue Sky Homeland〜

---------------
正しい表記:臼澤みさき
間違い表記:,白澤みさき,しらさわみさき
---------------


<臼澤みさき ファースト・ミニ・アルバム>
「故郷」や「アメージンググレース」や「赤とんぼ」などを歌います。
臼澤みさき(白澤みさき).jpg

かわいい臼澤みさき ファースト・ミニ・アルバム「Homeland」(視聴する)
・故郷 〜Blue Sky Homeland〜
・みさき節
・色彩
・ワンツースマイル
・外山節
・Amazing Grace〜赤とんぼ
・友輝 〜Red Sky Homeland〜
・風のとおり道











ペン大槌の13歳 故郷歌う 被災少女 歌手デビュー
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/tohokujisin/list/CK2012042102100004.html
(2012年4月21日 東京新聞)
 東日本大震災で壊滅的な打撃を受けた岩手県大槌町の中学二年の少女が七月、歌手としてテイチクからCDデビューを飾る。小学校六年のときに被災し、家族は無事だったものの、仲の良かった後輩を失った。「国内外から励まされてここまできた。私の歌でお礼したい」。被災地から生まれる小さなシンガーが、明日に向かって歩き出す。
 歌手デビューするのは、大槌中学に通う臼澤みさき(本名・臼澤岬)さん(13)。デビュー曲「故郷〜Blue Sky Home Land〜」は、ふるさとを離れた人が切なく故郷を思う気持ちが歌われ、聴く人の胸に迫ってくる。カップリングの「友輝(ゆうき)」は、ふるさとを離れて都会に暮らす人を思う曲だ。
 CDデビューに先立ち、今月二十五日からインターネットを通じて楽曲の配信が始まる。
 みさきさんは大槌町で家族六人で生活する。昨年三月十一日はまだ小学校六年生。卒業式で歌う歌の練習のため音楽室に向かう途中で大きな揺れに遭遇し、学校近くの高台にある公園に仲間と走って逃げた。
 津波の危険があるためさらに高い山に登る途中に町を見下ろすと、「すべてが海にのみ込まれていた」。ゴーとうなる音が聞こえ、「町の様子を見た時は怖いというより不思議な気持ちになりました」と話す。
 みさきさんが住む地区は津波の被害はなく、祖父母や両親、弟たちは難を逃れたが、停電や断水が続いた。父が勤務する会社が流され、仲良しの二年後輩の少女は帰らぬ人となった。小学校の校舎は津波や火災に襲われ、使い親しんだランドセルは濁流の中に消えてしまった。
 「震災のあとは停電で真っ暗でした。水道も使えず、当たり前と思っていたことが実はすごいことだったと知りました」
 小学校三年のころから民謡を習い始めた。持ち前の澄んだ伸びのある声でぐんぐん力をつけ、少年少女部門のさまざまな全国大会などでグランプリを獲得した。
 震災後は地元で避難所生活を送る人たちのために歌による慰問活動を続けてきた。「民謡を歌う女の子」として音楽関係者の目にとまり、プロの中学生歌手デビューとなった。
 臼澤みさきさんは「勉強と歌の両立でがんばりたい。私が歌うことでおばあちゃん、おじいちゃんを元気づけられたらいいなあ」と話している。

臼澤みさき



ペン避難所回る13歳の被災地歌手
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/27853/
(2012年8月6日 東京スポーツ)
 震災被災地の岩手県大槌町に暮らす少女歌手・臼澤みさき(13)が、デビュー報告会で、先月25日の発売後すぐUSENリクエストチャートで1位に輝いたデビュー曲「故郷〜Blue Sky Homeland〜」を熱唱した。
 小3で民謡を習い始め、多数のコンテストで入賞した実力派だが、昨年の東日本大震災では壊滅的被害を受けた。家族は無事だったが、小学校は津波にのまれ知人を多数失った。そんな中で希望を捨てず、避難所を回り歌声で同胞を勇気づけてきた姿が、音楽関係者の目に留まった。
「震災後の5か月はまともに練習ができず、民謡の会のみんなで避難所を回った。自分たちだけがきれいな着物を着て歌っていいのかと気が引けたが、皆さんの喜ぶ顔に逆に励まされた」
 夏休みを利用し母親と先月上京し、8月9日まで滞在。その間テレビ5本、ラジオ13本、3つの雑誌の取材を受ける。「友人や先生たちが声援をくれたので、それを力に変えて東京でも頑張りたい。東京と岩手を行ったり来たりして、学業と両立させたい。高校は県内に進学して、大学は東京に出てきたい。今までは民謡歌手かアナウンサーになりたかったけど、これからは心に響く歌を歌える歌手になりたい」。臼澤みさきの夢は膨らむばかりだ。












ひとりでみんなで歌い放題
カラオケJOYSOUND


カラオケで格好良く盛り上げたいボイストレーニング

ひらめきカラオケJOYSOUND (詳細クリック!)











ボイストレーニング
ボイストレーニング

かわいい1週間で3オクターブの声が出せるようになる本(CD付き)
・1日目:喉のリラックス
・2日目:ブレス
・3日目:チェスト・ボイス
・4日目:ファルセット
・5日目:声帯ストレッチ
・6日目:ブレイク・ポイントの解消
・7日目:3オクターブ・チェック












<大切な人の喜ぶ顔が見たい。>
合格祈願ケーキ

揺れるハートタルトの専門店・エスキィス(世界中の素材をスイーツに仕上げて幸せを皆様にお届けいたします。)











いい気分(温泉)注目の話題
http://googletopic.dtiblog.com/
ラベル:臼澤みさき
posted by 注目の話題 at 19:54| 好きなアーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

やなせなな 歌詞

歌う尼さん やなせなな「街の灯(まちのひ)」




位置情報やなせなな プロフィール
本名 :梁瀬奈々
生年月日 :1975年7月17日
出身地 :奈良県
シンガーソングライター
浄土真宗本願寺派僧侶(法名・釈妙華)

ペンやなせなな - Wikipedia
1991年、四天王寺高校(四天王寺中学校・高等学校)に入学。1995年卒業。
1995年、龍谷大学文学部真宗学科入学、軽音楽部に所属。
1998年、浄土真宗本願寺派の僧籍を取得する。法名は、釈妙華。
1999年、同大学を卒業。僧侶として実家の寺院を手伝うかたわら、音楽活動を始める。
2004年6月、シングル『帰ろう。』でデビュー。
同年7月より、(株)三晃空調のCMソングに、本人書き下ろしの曲が使われる(関西ローカル)。
同年10月、シングル『街の灯』発売(オリコンインディーズシングルチャート最高18位)。
2005年5月、アルバム『あいのうた』発売。オムニバスCD『カフェミルトンへのサウダージ』に参加(収録曲「遠い約束」)。
同年10月より、京都市のコミュニティFM・京都三条ラジオカフェにて「やなせななの“ななぽぽラジオ”」(毎週土曜日18:30〜)にDJ出演(〜2008年1月)。
2006年2月より音楽誌『音遊人』(みゅーじん)(YAMAHA刊)にてエッセイ「やなせななのひだまりの唄」連載開始。
2007年、2007年度滋賀県人権啓発CMソングに、本人書き下ろしの曲が使われる。
同年7月、シングル『蝶々/七夕』発売(オリコンインディーズシングルチャート最高17位)。アルバム『遠い約束』発売。
同年7月より、奈良市のコミュニティFM・ならどっとFMにて「やなせななの“夕空メロディ”」(毎週金曜日17:30〜)にDJ出演(〜2009年3月)。
同年10月より、奈良県王寺町のコミュニティFM・FMハイホーにて「やなせななの“ほのぼのサウンド”」(毎週日曜日17:45〜)にDJ出演(〜2008年1月)。
2008年3月、朝日新聞(奈良版)の取材に応えて子宮ガン(子宮体癌)だったことを告白。同時期より寺院でのコンサート&トーク活動「歌う尼さん」を本格的に開始する。
同年8月、オリジナル曲「七夕」がニンテンドーDS用ソフト『東京魔人學園剣風帖』のエンディングテーマに起用される。
2009年4月より、オリジナル曲「街の灯」が日本珠算連盟のCMソングに起用される。
2009年10月、アルバム『願い』発売。
2010年4月、自伝エッセイ『歌う。尼さん』(遊タイム出版)発売。
2010年8月、全国の仏教系寺院(超宗派)でのコンサート&トーク「歌う尼さん」が100カ所での公演を数える。
2010年9月、読売テレビ『かんさい情報ネットten!』「ニュース特集」にて、その活動が取り上げられる。
2010年11月、母校龍谷大学校友会より「龍谷奨励賞」を贈られる。
2010年11月〜、読売テレビ『かんさい情報ネットten!』にコメンテーターとして出演(〜2011年11月)。
2011年1月、テレビ東京 ミニドキュメント『生きるを伝える』にて、その活動が取り上げられる。
2011年3月、日本テレビNNNドキュメント『歌う尼さん〜がん闘病から奏でる命』が放送される。
2011年7〜8月、オリジナル曲「街の灯」が曹洞宗のCMソングに起用される(東北ローカル)。
2011年8月、シングル『まけないタオル〜東日本大震災支援歌』発売。
2011年8月、朝日新聞(奈良版)『人生あおによし』にて自伝エッセイ(全21回)が連載される。
2011年10月、NHKラジオ第2放送宗教の時間(NHKラジオ)に出演、『歌で伝える仏のこころ』が放送される(その後2012年1月にアンコール放送された)。
2012年3月、ジュスカ・グランペールのアルバム『千年の戀』に参加(収録曲「永久の君」で作詞・歌唱)。



やなせなな歌詞




ペンいやしの歌で話題の「歌う尼さん」 子宮体がんを克服し、歌い続ける彼女は?
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20110419/1035247/
 彼女の名前はやなせなな。1975年、奈良県生まれ。
 父親の実家である寺院で育ち、23歳のときに僧籍を取得。幼いころから歌が好きで、大学時代にはバンドを組んでいた経験もある。
 転機になったのは、20代中盤のころ。友人の姉が20代で亡くなったことを受け、「どうしようもない深い悲しみを抱いている友人の、その涙に添いたい」と夢中で楽曲を制作した。その経験がきっかけとなり、「歌は、自分が楽しいから歌うものではなくて、誰かのために歌うもの」と気がついた。いつしか、それまで趣味で行っていた音楽活動を「プロ」として行いたいと感じるようになった。
 思いがかなったのは2004年。シングル「帰ろう。」でデビューした。2005年には初アルバム「あいのうた」をリリース。しかし、その直後に体に異変を感じ、2006年1月に「子宮体がん」の宣告を受けてしまう。
 「命の危険を感じるには、あまりに突然過ぎて実感が薄く、ただ子宮を失うことが怖いと、ぼんやり感じました。また、術後1〜2年間ほどは、薬の副作用や後遺症で、とても苦しい思いをしました。体がつらいと、心も落ち込みます。何も手につかなくなったり、泣いたり。そういったことを繰り返していました」(本人談)。
 さらに、所属事務所が閉鎖となる不幸も重なり、一時は、「音楽活動を止めたい」とも考えた。しかし、友人のミュージシャンからのしった激励もあって、音楽活動を再開。当時は知名度も高くなく何度もくじけそうになったが、寺院でのコンサートなどの評判がじわじわと広がり、「歌を聴いていやされた」という声も多く届くようになった。
 がんを克服する以前から、手がける楽曲は人々の孤独に寄り添い、生と死を題材にしていた。闘病を機に作風が変わったわけではない。しかし、「がんがまったく影響を与えていないとは、やはり言えません」という。「いつか必ず消えてしまう命だからこそ、今を慈しむことができる。一人ぼっちだからこそ、一人ぼっちじゃない、という感覚はがんになってより明確になりました」(本人談)。
 彼女にとって歌とは、「ちっぽけで情けないわたし本人の代わりに、誰かのために働いてくれる、出来の良い子どものようなもの」。自分自身は非力だが、歌でなら「誰かの苦しみに寄り添って、いっしょに泣いてあげることもできる。心の背中をさすってあげることもできる」と信じている。
 今後の抱負を聞くと、「こつこつ地道に、一人でも多くの人のかなしみや痛みに寄り添う歌を送りたい、という夢を抱き続けています」と答えてくれた。数々の困難に見舞われながらも、デビュー当時と同じ信念で活動し続ける彼女の歌声に、今後も多くの人がいやされ、勇気をもらうことだろう。

やなせなな

かわいいやなせなな「歌う。尼さん」(詳細クリック!)
奈良のちいさなお寺で生まれ、おばあちゃん子として育った、なな。
小学校時代のいじめ、名門高校での落ちこぼれ、大学時代でのバンド活動と僧籍の取得、音楽事務所に断られること100回、そして、30才での子宮体がんの克服。
 波瀾万丈の人生を生きる中で、見つけた「歌う尼さん」というシンプルなスタイル。出会った人からもらったあたたかい気持ちやいのちの輝きを、歌詞に込めて歌う尼さんシンガーのすべてがこの1冊に。











<川沿いの露天風呂の宿>




<夜景が見える露天風呂の宿>





























好きな音楽の視聴、歌詞検索、音楽ランキング、人気アーティストの情報掲示板 好きな音楽の掲示板 やなせなな(浄土真宗本願寺派僧侶&シンガーソングライター)癒しの歌の掲示板 やなせなな(浄土真宗本願寺派僧侶&シンガーソングライター)癒しの歌の掲示板 やなせなな
ラベル:やなせなな
posted by 注目の話題 at 08:33| 好きなアーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月31日

ザ50回転ズ「涙のスターダスト・トレイン」 PV視聴動画

ザ50回転ズ「涙のスターダスト・トレイン」 PV視聴動画


るんるんザ50回転ズ「涙のスターダスト・トレイン」


ザ50回転ズ プロフィール
2004年富田林の「大阪ロックンロール少年院」に収容されていた(という設定)、「徳島の酔いどれ」ダニー(Gt,Vo)、「出雲の妖怪」ドリー(Ba,Vo)、「浪速のドラ息子」ボギー(Dr,Vo)の3人が少年院にて奇跡の出会いをし、結成。チャック・ベリー、ラモーンズ、マミーズなどロックンロール・パンク・サーフ・ガレージ等のバンドから多大なる影響を受ける。これまでに2枚のミニアルバム、3枚のアルバムを発表。デビュー以来、アメリカ/オーストラリア/ドイツと海外ツアーも精力的に行い、国内のみならず海外のロックファンも虜にしている。そのロックンロールを完全に体現した完璧なライブパフォーマンスには定評がある。










ザ50回転ズ「涙のスターダスト・トレイン」.jpg

爆弾ザ50回転ズ「ロックンロール・ラブレター(初回生産限定盤)(DVD付)」(詳細クリック!)


『ロックンロール・マジック』『ロックンロール世界旅行』に続く、コンセプト3部作完結編2012年2月1日発売決定!
今回のテーマはずばり“ラブレター”!!!来年2月4日公開映画『荒川アンダー ザ ブリッジ』主題歌となっている「涙のスターダスト・トレイン」を筆頭に全6曲がラインナップ!
50回転ズからロックンロールでちょっぴり甘酸っぱい6通のラブレターをお届け!!
初回生産限定盤は、三方背BOX付き紙ジャケット仕様に加えライブダイジェストDVD『The 50KAITENZ JAPAN TOUR AT TOKYO』付き

<ラインナップ>
1. 涙のスターダスト・トレイン
2. エイトビートがとまらない
3. ロックンロール・ラブレター
4. おねがいR・A・D・I・O
5. Baby,I Love You
6. ぶっちぎりのラブソング

(ライブダイジェストDVD)
1. 50回転ズのテーマ (Digest)
2. サンダーボーイ (Digest)
3. レッツゴー3匹!! (Digest)
4. 耳鳴りロック (Digest)
5. TEENAGE SHOCK (Digest)
6. KILLER
7. Thank You For RAMONES (Digest)
8. 1976 (Digest)
9. たまにはラブソングを (Digest)
10. YOUNGERS ON THE ROAD (Digest)
11. MONEY!MONEY! (Digest)
12. 船乗りたちのメロディ (Digest)
13. I can not be a good boy (Digest)
14. ロックンロール・マジック










ペンザ50回転ズ×飯塚健監督 対談
「こんなときこそバカバカしいものを」
http://www.cinra.net/interview/2012/01/30/000000.php

「四次元ツアー」をコンセプトに時空を超えるストーリーを描いた『ロックンロール・マジック』、「世界旅行」をコンセプトに世界各地の音楽要素を取り込んだ『ロックンロール世界旅行』に続き、ザ50回転ズがミニアルバム3部作を締めくくる『ロックンロール・ラブレター』を完成させた。ロックンロール愛にあふれたラブソング集として、50回転ズ史上最高にロマンチックな作品となった今作は、飯塚健監督の熱いラブコールに応えて書き下ろされた、映画『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』主題歌“涙のスターダスト・トレイン”も収録。映画とのコラボによる同曲のミュージックビデオも手掛けた飯塚監督にも加わっていただき、ザ50回転ズのクリエーターとしての本音に迫った。

―飯塚監督がメガホンをとった映画『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』で、50回転ズの“涙のスターダスト・トレイン”が主題歌になったわけですけど、監督はかなり昔から50回転ズを聴かれてたそうですね。

飯塚:たぶん2006年くらいからだと思うんですけど…。

ダニー:それ、デビューした年じゃないですか!

飯塚:ちょうど『彩恋 SAI-REN』(2007年8月公開)という映画を編集していたときですね。その映画では、くるりやフラワーカンパニーズの曲もかかっていたりするんですけど、このシーンに合うロックはないかなと探しているときに50回転ズに巡り会ったんですよ。そのときはいろんな事情があって負けてしまったんですけど(笑)、そのときの想いもありまして、今回は絶対に負けないぞ、と。

ドリー:いい話じゃないですか!

ダニー:いきなり泣けるね!

―そもそもなんで50回転ズを主題歌に起用しようと?

飯塚:やっぱり単純に好きだから、ただそれだけですよね。マジメな話をすると、しんみりとした曲で終わらせる方法もあったと思うんですよ。でも、辛気くさい終わりは好きじゃないし、ロックしかないでしょと思っていたので、プロデューサーたちに思い切って言ったんです。

―「このバンド使ってみたいんだけど」みたいな?

飯塚:いやいや、そんな上からじゃないですよ。ただ、プロデューサーからいろいろ提案みたいなものもいただいてはいたんですけど、僕は50回転ズじゃなきゃ嫌だと言い張り続けまして。

ダニー:ありがとうございます! おかげでいまの50回転ズがあります!

―『荒川アンダー ザ ブリッジ』は漫画が原作でアニメ化、ドラマ化もされてきましたけど、話をもらったとき、50回転ズは『荒川』を知っていたんですか?

ダニー:実はですね…、読んでませんでした。でも、そのお話をいただいて、漫画喫茶で一気に読みましたね。それで、監督と直接お会いする機会も作っていただいたんですけど、映画の雰囲気がわかるような資料映像もいただいて。そもそも原作がすごかったので、「これ映像になるんかい!」「フルCGちゃうんかい!」と思っていたんですけど、それが見事な手腕…、力技とも言える見事な手腕で映像化してて。

―あれ、よく実写にしましたよね(笑)。

飯塚:ほんとですよね(笑)。


こんなときこそバカバカしいものをっていうのは、モノを作ってる人間はみんな考えたと思うんです(ダニー)

―曲はオファーを受けてから書き下ろしたわけですね。どういう部分を大事にして曲を作ろうと?

ダニー:映画のために曲を書いてはいるんですけど、映画の内容を暗に説明するような歌詞にはしたくなかったんですよ。監督もそれを望んでなかったし、50回転ズとしてもこれからライブでもやっていく曲にしたかったし。だから、せめぎあうとまでは言わないけど、共通の着地点に向かって…アカン、マジメ過ぎる。ここカットしてください!

―いい話だったのに(笑)。

ダニー:まぁ、いつもなら「オレらは最高やと思うけど、他の人がどう思うかは知らん!」っていう感じで作っていたんですよ。そこを監督と話し合いながら進めていったので、いい方向に転がってるなという実感を持ちながら制作できましたね。歌詞の内容についても、監督が「もうちょっと元気のある50回転ズが聴きたい」とおっしゃってくださったので、ちょっと元気をプラスしたり。

飯塚:やっぱり50回転ズの魅力はエネルギーだと思うんですよ。去年は(震災という)大変なことがあったじゃないですか。ちょうど『荒川』も撮影中だったんですけど、映画なんて撮ってる場合なのかよって思った時期もありますし、実際に中断もあったし、みんないろんな想いがあったと思うんです。そこで何が必要かって、根本的に言うと元気だと思うんです。50回転ズにはそういうパワーがあると思っていて…これもカットですね(笑)。

ダニー:カット! カット! マジメすぎる!

―いま誉められてたんだから(笑)。

ダニー:いや、実際ね、監督ともチラッとそういう話はしたんですけど、もう一度襟を正して作品に臨もうとかではなく、こんなときこそバカバカしいものをっていうのは、モノを作ってる人間はみんな考えたと思うんです。もちろん真摯に臨んでるんやけど、やっぱり映画を見ている2時間だけは日常から切り離して、バカバカしい気分で楽しんでもらいたいなって。オレらだってライブをやるときは、毎回そういうつもりで臨んでいるので。

ドリー:ほんまにそうやね。

ダニー:オレらはステージの上では普段の話とか絶対にしませんからね。「いやー、今日来る途中に事故っちゃってさ」みたいな、そんな話はしたことない。やっぱり、みんなロックンロールの魔法にかかってほしいんですよ。そのためにステージで飛んだり跳ねたり叫んだりしているわけですから。

ボギー:そうやね。僕ができるのはその元気と切なさを込めて、4分間エイトビートを叩くだけやし。

飯塚:かっこいい!

ダニー:いいこと言うなー。カットしよう!

ドリー:かっこいいからカットで!

―ボギー君、珍しくいいコメントしたのに(笑)。

―でも、“涙のスターダスト・トレイン”は、最後の「忘れ物なんて/大したもんじゃねえ」っていう歌詞がグッとくるんですよ。これ、裏返すと「本当に大事なものは何?」ってことじゃないですか。さっき歌で映画の内容を説明したくないと言ってましたけど、これはすごい『荒川』の物語の本質を突いてるなって。

ダニー:映画とはリンクしすぎないように、意識的に外してるくらいの感じで作ってはいるので、それは原作を知ってる人ならではの副作用的なものかもしれないですね。そこまで歌詞の意味を汲んで聴いてもらえるのはうれしいですけど。

飯塚:僕は「一瞬と永遠が/ならんで歌い出す」っていうところが好きなんです。原作の漫画って、最後にカラーで描かれたページがあるんですけど、そこに叙情詩みたいな、宇宙の始まりみたいなことが描かれてるんですよ。それは『荒川』のギャグとは180度違う要素だと思うんですけど、誰にでもハマる哲学というか。この「一瞬と永遠が〜」っていう部分には、漫画のカラーパートみたいな雰囲気があるんですよね。

ダニー:確かに歌詞って、具体的に物語を描いたりしない場合、哲学的になってくるんですよ。7年ミュージシャンやってますけど、今回やってみて初めて知りました。ほんまに、これもこの機会をいただいたおかげですよ。

―“涙のスターダスト・トレイン”はミュージックビデオも監督が手掛けられたんですよね? 映画でニノ役を演じた桐谷美玲さんも出演して、映画のロケ現場で撮影してますけど、どういうものを作ろうと?

飯塚:かっこいいものを。まずそこかなと。やっぱり主題歌というところのいろんなバランスがあると思うんですけど、あんまり政治が効かないようなギリギリのところはどこなんだろうな? って。

―また書きづらいことを(笑)。

飯塚:でも、現実、主題歌って常にそういうものがつきまとってしまうものなので。だから、ファンとして撮る気持ちと、『荒川』のっていうことと、そのいい落としどころを探ったというか。

―逆に50回転ズ側からオーダーしたことは?

ダニー:「こんな僕たちですが、もしかっこよく撮れるもんなら撮ってみてください」って(笑)。

―ここ、いつもなら笑うところだけど、今回は本当にかっこいい! 正直な感想として、映画や原作を知らなくても伝わるし、ビデオクリップを見て映画が気になる人も多いと思うんです。強烈な顔で歌う50回転ズを至近距離で見つめる女の子は何者なんだろう? みたいな。

飯塚:そういってもらえるとホッとします。

ボギー:僕らの衣装も『荒川』の世界観と妙にマッチしてて、登場人物になったような気分でしたね。

飯塚:それは編集してるときも、そういう話が出ましたね。『荒川』の出演者たちと並んでも、普通に負けてない。それに、3人ともよく動く(笑)。それはすごくいい意味なんですけど、振り切れてるんですよ。簡単にできることではないですから。

―監督は今回一緒に仕事してみて、同じクリエーターとして共感を覚えたことはありました?

飯塚:おこがましいかもしれないですけど、「追求、追求、また追求」ってこういうことなのかなって。そういうことをしてない人たちも少なからずいると思うんですよ、どのジャンルにも。だけど現場で50回転ズを見ていて、相当「表現」を追求してるなって。そういうのがわかって、すごくうれしかったです。

―どういう部分にそれを感じたんですか?

飯塚:雰囲気なんですよ。僕はレコーディングにちょっとお邪魔させてもらっただけで、専門的なことはわからないですけど、例えば映画の現場だったら、一歩入ればいい現場か悪い現場かなんて絶対わかるんです。

ダニー:へー。そういうもんなんや。

飯塚:それはもう丸出しになるんですよね。スタッフがいい顔して働いてるか、キャストが楽しそうにやってるか。それは別にニコニコしてるからいいってわけじゃなくて、緊張してるシーンを撮ってるのにニコニコしてるヤツなんかいないんですけど、そこに入る前まではやっぱりニコニコしてるべきというか。そういうのはどの制作現場も一緒だろうなと思っていて。50回転ズのレコーディングにチラッとお邪魔させてもらって、すごく納得したんですよね。

―こういう空気なら、そりゃいいものができるわと。

飯塚:そうですね。普段あんまり見せたくないところかもしれないですけど。僕で言えば脚本書いてるところを見られてるようなものですからね。

―監督も脚本を書いてるときは、書きながらニヤニヤしちゃったりするんですか?

飯塚:全然しますよ。「やっぱオレ天才だな」って思うときとか全然ありますから。脚本自体、基本的に読みづらいものなので、そのくらい自信があるものじゃないと、プロデューサーに読んでくださいと言えないですからね。

―監督は3部作すべて聴かれたそうですが、『ロックンロール・ラブレター』はいかがでした?

飯塚:1本しっかりとした芯はありつつ、ちょっと違った部分をチラ見せしてきたというか。今回はタイトルに「ラブレター」とついてるくらいだから、やっぱり「ラブ」があるんだと思うんですけど、誰か恋でもしました?(笑)

ダニー:これは“涙のスターダスト・トレイン”があったから、このタイトルになったんですよ!

飯塚:えっ、そうなんですか!?

ダニー:そうなんです! ある程度アルバムの世界観を統一したかったんですけど、“涙のスターダスト・トレイン”がロマンチックで胸キュンな曲だったので、そしたらラブソングでしょと。それで、『ロックンロール・ラブソング』だとかっこ悪いから、『ロックンロール・ラブレター』でしょと。まぁ、安直に決めた部分はありますけど(笑)、ラブレター、ラブソング、共通の旗印のもとにロマンチックな曲が集まりましたね。

―50回転ズのラブソングって、基本的に女の子に対するラブソングではないですよね。

ダニー:ロックンロールに対するラブソングですもんね。過去にはお金に対するラブソングとか、ビールに対するラブソングもありましたけど、今回はロマンチックなラブソングに特化して。

飯塚:僕は“ロックンロール・ラブレター”が特に好きですね。あと“Baby, I Love You”も50回転ズっぽくないという部分も含めていいなって。

ダニー:その50回転ズっぽくないっていうのは、キラキラ感やと思うんですよ。The Boysというイギリスのパンクバンドがいるんですけど、ゴリゴリしたビートなのにキラキラした鍵盤も入ってて。曲自体は意識してないんですけど、そういうキラキラ感や胸キュン加減は意識しましたね。あとはニック・ロウとか、イギリスのパブ・サーキットまわりの人とか。

―歌詞についてはどうですか?

ダニー:やっぱり「非現実感」みたいなものがないとアカンなと。ロックというロマンチックなベールがかかってるわけやから、「携帯電話」とか「ツイッター」が歌詞に出てきたらアカンなと思ってたんですよ。昔からロックやってる人ってどんなんかわからへんっていう憧れがあって、そういうのは守らなアカン一線やと思っているので。そうやって純粋にロックンロールに対する愛情を歌った結果、下世話な部分が出ずに作ることができたんじゃないかな。

飯塚:言葉って賞味期限があると思うんですけど、いくつか賞味期限がない言葉っていうのがあって。そのなかにラブソングっていうのもあると思うんです。それに「ロック」っていうのも日本語に変換不可能な言葉だと思うんですけど、英和辞典引いてもロックはロックですよね。50回転ズの歌は、そういう不変なところに向かっているところがかっこいいなと思うんです。

―監督は3部作を通して、改めて50回転ズに対して感じたことはありますか?

飯塚:ほんとに、もっと多くの人に聴いてほしいんですよ。そういう想いで映画の主題歌にも推しましたし。「推す」とか言うとエラそうで嫌なんですけど、映画のプロデューサー陣に、「こういうバンドがいて、もっと多くの人に聴いてもらうべきだと思ってるんで」って。そうしたらもう少しハッピーな人が増えると思うんですよ、単純な話。

ダニー:ほんまにうれしいなぁ…泣いていいですか? ウッ、ウウッ(泣)。

―監督からこれだけ応援してもらってるわけですけど、今後の50回転ズの予定は?

ダニー:そこですよ! 曲のストックは1曲もありません。ツアーがもうじき始まりますと。まぁ、ツアーが終わったら、次はこうやりたいなっていうのがバンバン出てくると思うんで、そこからまた新しいレコードに向けて曲をガンガン書いて、曲が書けたらレコーディングして、録れたら発売して、またツアーして、曲書いて、その繰り返しですよ。ロックンロールはタフでないとやっていけんから。監督の次回作はどうなんですか?

飯塚:撮りますよ。3月と8月と。今年は2本撮る予定です。あと4月には久々に舞台もやります。

ダニー:超過密! 監督のほうがオレらより全然タフかもしれん(笑)。







ペン好きな音楽の掲示板





好きな音楽の視聴、歌詞検索、音楽ランキング、人気アーティストの情報掲示板

posted by 注目の話題 at 04:48| 好きなアーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

松田聖子

松田聖子 動画「特別な恋人」15秒スポットCM
夢のコラボ 松田聖子 & 竹内まりや(作詞・作曲・プロデュース)




TV「SONGS 松田聖子」
第199回 :2011年12月7日(水)
http://www.nhk.or.jp/songs/archive/111207.html
2011年9月、アメリカの音楽家、クインシー・ジョーンズのコンサートにゲスト出演したエピソードを紹介。また、そのステージでカバーした「上を向いて歩こう(スキヤキ)」をスタジオで披露します。さらに、竹内まりやの作詞・作曲による最新曲「特別な恋人」など、今年のしめくくりにふさわしい歌の数々を届けます。
曲目は、「瑠璃色の地球」、「あなたに逢いたくて〜Missing You〜」、「特別な恋人」、


松田聖子と竹内まりやの特別な恋人.jpg

るんるん松田聖子「特別な恋人」(初回限定盤 DVD付)



ゲーム「松田聖子のオールナイトニッポンGOLD」
http://www.allnightnippon.com/gold/
2011年12月16日(金)22:00〜 ニッポン放送

ペン松田聖子&竹内まりや、オールナイトニッポンGOLDで夢共演
http://www.sanspo.com/geino/news/111205/gnj1112050504010-n1.htm
 歌手、松田聖子(49)が東京・有楽町のニッポン放送で「松田聖子のオールナイトニッポンGOLD」の公開収録を行い、シンガー・ソングライター、竹内まりや(56)がゲスト出演した。新曲「特別な恋人」をまりやが手掛けたことから、夢の共演が実現した。
 3月生まれのうお座で血液型Aの2人は、互いの楽曲をリクエストし合い、トークに花を咲かせた。聖子が「まりやさんに曲を書いていただいで幸せ。包まれているような気持ちになりました」と感涙すれば、まりやはもらい泣きして「同じうお座ってこともあるのか、考えていることが手に取るようにわかる。これからも応援させてください」と再共演を約束した。
 この模様は2011年12月16日(金)午後10時から放送。









松田聖子ベストアルバムジャケット.jpg

るんるん松田聖子「Best of Best 13」(試聴する クリック!)
(*) あなたに逢いたくて〜Missing You〜
(*) 赤いスイートピー
(*) 大切なあなた
(*) 夏の扉
(*) 瞳はダイアモンド
(*) SWEET MEMORIES
(*) 天使のウィンク
(*) 20th Party
(*) チェリーブラッサム
(*) 輝いた季節へ旅立とう
(*) 天国のキッス
(*) 時間の国のアリス
(*) 青い珊瑚礁













<映画「野菊の墓」(1981年 東映)>
松田聖子の野菊の墓.jpg

かわいい映画「野菊の墓」(動画 クリック!)


出演者:松田聖子 桑原正 赤座美代子 加藤治子 丹波哲郎 樹木希林 愛川欽也 村井国夫 白川和子 叶和貴子

<野菊の墓 あらすじ>
政夫(桑原正)の生家は醤油の製造業を営む旧家だった。数え年15歳の政夫は、その日、病弱な母きくの薬を取りに町へ向う途中、すれ違った舟の中に桃割れ姿の民子(松田聖子)を見つけて胸を躍らせる。民子は政夫の従姉で二つ年上の17歳。きくがわが娘のように可愛がっていて、政夫とは姉弟のように仲が良かった。やがて、きくの面倒と家事の手伝いをするため民子は政夫の家に住みこむようになり、二人の仲はいっそう親密になっていった。きくや兄の喜一郎は、そんな二人を気にも留めなかったが、兄嫁の初子は意地悪な目で民子をみつめ、奉公人のお増や常吉たちは好奇心も手伝ってあれこれ噂話をするようになっていた。民子と政夫は自由に話すこともできなくなるが、それが二人の想いを淡い恋ごころへと変えていった。秋祭りの日、政夫は道端に咲く野菊を見つけ、その可憐な美しさを民子にたとえるのだった。。。











サーチ(調べる)あなたの好きなアーティストは?











ハートたち(複数ハート)ダイエット
http://dietinfomationforyou.seesaa.net/



いい気分(温泉)注目の話題
http://googletopic.seesaa.net/



松田聖子

posted by 注目の話題 at 11:11| 好きなアーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

ジャズピアニスト 森田真奈美(もりたまなみ)報道ステーションのオープニング曲 視聴 Jazz 掲示板

ハートたち(複数ハート)「森田真奈美(もりたまなみ)」
http://www.manamimorita.com/
ジャズピアニスト。「I am」は、報道ステーションのオープニング曲。
http://www.tv-asahi.co.jp/hst/opening/music.html




200組を超える候補ミュージシャンの中から見事「報道ステーション」OP楽曲に抜擢されたNY在住の逸材ピアニスト。
1984年生まれ。幼少よりクラシック音楽に触れつつ。ミッシェル・カミロ、ミシェル・ペトルチアーニ、パット・メセニー、小曽根真から影響を受けてジャズに目覚め、独学でジャズを会得。上智大学外国語学部英語学科入学後、2005年、米国・バークリー音楽院に留学。在学中から欧米のコンペで数々の賞を獲得し、エスペランサ・スポルディングやホーザ・パッソスと共演。

森田真奈美(もりたまなみ)報道ステーションのオープニング曲.jpg

るんるん「I am (報道ステーション テーマ曲)」 (MP3 視聴クリック!)


るんるん「I am (報道ステーション テーマ曲)」 (CD 視聴クリック!)




<Manami Morita>





ひらめきオススメのジャズ(名盤,名曲)掲示板





<ジャズ雑誌「jazz Life(ジャズライフ)」>




<ジャズ雑誌「JAZZ JAPAN」>











いい気分(温泉)注目の話題
http://googletopic.dtiblog.com/


ジャズピアニスト 森田真奈美(もりたまなみ)報道ステーションのオープニング曲 視聴 Jazz 掲示板
posted by 注目の話題 at 08:35| 好きなアーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

尾崎豊の遺書(文藝春秋2011年12月号) 掲示板

<文藝春秋 2011年 12月号>
尾崎豊の「遺書」 没後二十年目 衝撃の全文公開
文藝春秋2011年12月号の尾崎豊の遺書.jpg

ひらめき「文藝春秋 2011年 12月号」 (2011年11月10日発売) (詳細クリック!)



ペン尾崎豊の遺書、2通あった!鮮血で綴った“謎の死”の真相とは
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20111109/enn1111091617018-n1.htm
伝説のロックシンガー、尾崎豊さん(享年26)が残した2通の「遺書」が2011年11月10日発売の文藝春秋 2011年 12月号に全文掲載されることが9日分かった。1992年に民家の軒先で全裸で死亡。その後、他殺、事故死、自殺と諸説流れ、法廷で争われるなど社会問題にも発展した。ジャーナリストの加賀孝英氏が執筆した「尾崎豊の『遺言』」では、謎に満ちた行動と死の直前の心境に迫っている。
 1992年4月25日、未明の東京・足立区。泥酔した尾崎さんは、面識のない民家の軒先で服を脱ぎ捨て、のたうち回り、傷だらけになって息絶えた。後で致死量の2・64倍もの覚醒剤を摂取していたことが警察の調べで判明する。
 人気絶頂のロックシンガーの突然の死に衝撃を受けたマスコミなどは尾崎さんを悼む一方で他殺、自殺で真っ二つになった。だが、同誌では〈尾崎が死の間際まで肌身離さず持ち歩いていたセカンドバック。この中に、小さく折り畳んだ白い封筒が入っていた。(中略)尾崎が書き遺していた「遺書」だった〉とし、当初から遺書があったことを明かしている。
 1つ目の「遺書」はB5サイズのルーズリーフに記され、縦書きの全17行。〈先立つ不幸(ママ)をお許しください〉で始まり、〈先日からずっと死にたいと思っていました。死ぬ前に誰かに何故死を選んだのか話そうと思ったのですが、(中略)そんなことが出来るくらいなら死を選んだりしません〉。最後は〈さようなら 私は夢見ます〉で結ばれている。
 2通目の遺書は、尾崎さんの自宅に飾られていた実母の写真の脇から見つかり、小さく折りたたんだ便箋に繁美夫人宛なのか、〈尾崎繁美となりたもうた女神よ〉と自身の鮮血で書いてあったという。〈繁美、あなたは本当に女神なのですよ〉〈××、君は間違いなく天使なのですよ〉(××は息子の実名)とあり、〈私はただあなたを愛する名の神でありつづける〉と、2人への愛をしたためていた。
 加賀氏が繁美夫人、遺族に徹底取材し、死へと突き進む尾崎さんの心境を綴った衝撃的なリポート。同誌の木俣正剛編集長は「尾崎さんが亡くなってから来年で20年を迎えます。ご遺族に了解を得た上で(遺書の)全文を載せることにしました」。謎の死の真相がいま明かされる。

尾崎豊の遺書.jpg












<尾崎豊 初めてのホールコンサート映像>
1985年1月12日 日本青年館
尾崎豊DVD.jpg

爆弾OZAKI・19 [DVD] (詳細クリック!)
1. シェリー
2. はじまりさえ歌えない
3. BOW!
4. 僕が僕であるために
5. 街の風景
6. OH MY LITTLE GIRL
7. 卒業
8. Scrap Alley
9. ハイスクールRock’n’Roll
10. 十七歳の地図
11. 愛の消えた街
12. 15の夜
13. バーガーショップ (Freeze Moon)
14. I LOVE YOU






るんるん尾崎豊デビューアルバム「十七歳の地図」(I LOVE YOU、15の夜、十七歳の地図、OH MY LITTLE GIRL、、)

るんるん尾崎豊セカンドアルバム「回帰線」(Scrambling Rock’n’Roll、ダンスホール、卒業、シェリー、、)






位置情報尾崎豊
http://www.biwa.ne.jp/syuichi/ozaki.html





尾崎豊の遺書(文藝春秋2011年12月号)内容
posted by 注目の話題 at 20:17| 好きなアーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

後藤真希と氣志團の綾小路翔が最強の忘年会デュエットソング掲示板

トイレ「Non stop love 夜露死苦!!」
2011年内での無期限活動休止を発表している歌手の後藤真希さんと、氣志團の綾小路翔さんのデュエット曲「Non stop love 夜露死苦!!」で年末のNHK紅白歌合戦の出場を目指します。




数々の伝説のカラオケソングを世に送り出して来た綾小路翔が再び「カラオケ神曲」をリリース!
パートナーに抜擢されたのは、2011年末で活動休止に入るゴマキ(後藤真希)であった!


<2011年最強の忘年会デュエットソング>
後藤真希と氣志團の綾小路翔.jpg

爆弾「Non stop love 夜露死苦!!(振り付けDVD付き)」 (詳細クリック!)











<Wiiでカラオケ>
ひとりでみんなで歌い放題
カラオケソング.jpg

カラオケ「カラオケJOYSOUND Wii SUPER DX」 (詳細クリック!)
自宅にいながら家族や友だちと快適にカラオケが楽しめる家庭用通信カラオケの決定版! オンライン機能&Wiiポイントで購入できる"歌い放題チケット"を使うことで、65,000曲以上の全配信曲が歌い放題になり、全国オンライン採点も可能になる。オフラインではソフト内蔵の厳選70曲を歌える。他には、オンラインで遠くの人とチャットやカラオケが楽しめる"チャットカラオケ"、他のプレイヤーと白熱のバトルが楽しめる"バトルカラオケ"、最大8人で歌合戦が楽しめる"マイクリレー"、自分の歌声の音程が手軽にチェックできる"音程チェック"、自分の歌声を録音・再生できる"リプレイ"などを搭載。リプレイでは、再生中の自分の歌声とハモることもできる。さらに、まるでカラオケ店のような感覚で、DSiから簡単に予約ができる新システムも搭載している。












ハートたち(複数ハート)ダイエット
http://dietinfomationforyou.seesaa.net/










いい気分(温泉)注目の話題
http://googletopic.dtiblog.com/


後藤真希と氣志團の綾小路翔が最強の忘年会デュエットソング掲示板
posted by 注目の話題 at 17:43| 好きなアーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

アニメタルUSA 画像 動画 掲示板

<メタルロックの「宇宙戦艦ヤマト」>
アニメタルUSA
アニメタルUSAメンバー.jpg





アニメタルUSA
アニメタルUSAメンバー.jpg


メンバーは元オブセッション/LOUDNESS/イングヴェイ・マルムスティーンのヴォーカリストとして知られるマイク・ヴェッセーラ。ネオクラシカル系を代表する速弾きギタリスト、クリス・インペリテリ。オジー・オズボーンとホワイト・スネイクに在籍した信頼と安心の実力派ベーシスト、ルディ・サーゾ。そして“メタル・ゴッド”ジューダス・プリーストの現役ドラマー、スコット・トラヴィスという強力な4人。








ペンメタル重鎮結集、まさかのアニメタルUSA登場
http://www.barks.jp/news/?id=1000072972
1996年にデビューし、メタルとアニメの融合を実現させた実力派メタル・バンド“アニメタル”は、シリーズ累計60万枚以上のセールスを記録し、社会現象にまでなったところだが、15年の時を経て、ジャパニメーションを評価したアメリカからの返答が到着したというわけだ。アメリカ・メタル界のスーパー・スターたちが集結しアニメタルUSAが、日本のアニメをメタルの流儀でリスペクトするという、ありがたいお話だ。

ラウドネスの元ボーカリスト:マイク・ヴェセーラ、宇宙最速クリス・インペリテリ、重鎮メタル・ベーシスト:ルディ・サーゾ、メタル・ゴッド・ジューダス・プリーストの現役ドラマー:スコット・トラヴィスという重厚硬質な面々が奏でるのは「宇宙戦艦ヤマト(アニメ『宇宙戦艦ヤマト』OP)」、「ガッチャマンの歌(アニメ『科学忍者隊ガッチャマン』OP)」、「愛をとりもどせ!!(アニメ『世紀末救世主伝説 北斗の拳』OP)」「魔訶不思議アドベンチャー!(アニメ『ドラゴンボール』OP)」、「残酷な天使のテーゼ(アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』OP)」といった国民的アニソン全11曲だ。しかもアレンジは、マーティ・フリードマンだという。

結成の中核を担ったのは大のアニメ・ファン、マイク・ヴェセーラだ。自身の娘もインターネットを通じて日本のアニメのファンになっていく姿を見て、日本のアニメとのつながりを強く感じたという。そんな時“アニメタル”の存在を知ったことが“アニメタルUSA”の結成の直接のきっかけとなった。

「アニメとメタル。自分のアイデンティティーと言っても過言ではないこの二つの要素を組み合わせたバンドの存在を知ったときは嬉しかった。でも残念ながら活動を封印しているという事実を知り、“それなら俺が中心になってアメリカから発信すればいい”って思ったんだ。」──マイク・ヴェセーラ

そんなマイク・ヴェッセーラが、現在3Dアニメ・クリエーターとしても活躍のルディ・サーゾに声をかけ、その2人の元に活動コンセプトに賛同したメンバー4人がLAに集結したというのだ。メタル・スーパースターたちが、その技術と情熱のすべてを「アニソン」に注ぎ込んた至高のメタル・アニソン・カバー・アルバムが、ついに誕生となったのである。

「歴史上最高のメタル・アルバムが完成した!」──マイク・ヴェセーラ
「人生最高のソロが弾けた」──クリス・インペリテリ
「アニメとメタルの完璧な融合に成功した!」──ルディ・サーゾ
「アニメタルに神が舞い降りた」──スコット・トラヴィス
「日本の伝説のアニソンが伝説のメタルになった!」──マーティ・フリードマン

熱い。火傷しそうに熱い。全世界メタルファン必聴である。


<メタルロックのアニメソング>
メタルロックのアニメタルUSA.jpg

爆弾「アニメタルUSA」 (詳細クリック!)
1. 宇宙戦艦ヤマト (アニメ『宇宙戦艦ヤマト』OP)
2. ガッチャマンの歌 (アニメ『科学忍者隊ガッチャマン』OP)
3. マジンガー・メドレー
4. 魔訶不思議アドベンチャー! (アニメ『ドラゴンボール』OP)
5. 残酷な天使のテーゼ (アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』OP)
6. 愛をとりもどせ!! (アニメ『世紀末救世主伝説 北斗の拳』OP)
7. がんばれドカベン (アニメ『ドカベン』OP)
8. ペガサス幻想 (アニメ『聖闘士星矢』OP)
9. 行けタイガーマスク (アニメ『タイガーマスク』OP)
10. キン肉マン GO FIGHT! (アニメ『キン肉マン』OP)
11. ゆけゆけ飛雄馬 (アニメ『巨人の星』OP)













イベント「LOUD PARK 11」
http://www.loudpark.com/
メタルロックのライブイベントが、2011年(平成23年)10月15日(土)、さいたまスーパーアリーナで開催です。

<主な出演バンド>
WHITESNAKE
LIMP BIZKIT
ARCH ENEMY
THE DARKNESS
TRIVIUM
UNISONIC
KROKUS
STRYPER
ANIMETAL USA



サーチ(調べる)あなたの好きなバンドは?



















爆弾ロックギター入門 (見て弾けるDVD付)














<MP3ダウンロード>
無料ダウンロード曲も多数あります。掘り出し物の音が見つかるかも!
音楽MP3無料ダウンロード.jpg

ひらめきMP3ダウンロード特集サイト (クリック!)
(*)J-POP
(*)ポップス
(*)ロック
(*)ハードロック・ヘヴィメタル
(*)ブルース・カントリー
(*)フォーク
(*)ソウル・R&B
(*)ヒップホップ
(*)ダンス・エレクトロニカ
(*)ジャズ・フュージョン
(*)クラシック
(*)レゲエ
(*)ワールド
(*)ニューエイジ・イージーリスニング
(*)サウンドトラック
(*)アニメ・ゲーム音楽
(*)キッズ・ファミリー
(*)演歌・歌謡曲・軍歌
(*)日本の伝統音楽
(*)バラエティ・効果音












<エレキギターを弾きたい人へ>






いい気分(温泉)注目の話題
http://googletopic.dtiblog.com/



アニメタルUSA 画像 動画 掲示板
ラベル:アニメタルUSA
posted by 注目の話題 at 22:32| 好きなアーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

小澤征爾(おざわせいじ) 画像 動画 インタビュー 掲示板

小澤征爾(おざわせいじ)

小澤征爾(おざわせいじ).jpg

るんるん小澤征爾75th Anniversary  [Blu-ray] (詳細クリック!)




ペン小澤征爾 - Wikipedia
小澤征爾(おざわせいじ、1935年9月1日 - )は日本人指揮者である。2002-2003年のシーズンから2009-2010年のシーズンまでウィーン国立歌劇場の音楽監督を務めた。 栄典・表彰歴として文化勲章受章など。日本人音楽家として最も世界的に成功した音楽家。


TV「渾身のタクト〜小澤征爾76歳 復活〜」(NHK総合)
2011年(平成23年)10月10日(月)PM10:00〜 NHK総合にて放送です。


TV小澤征爾 ベルリン・フィル 「悲愴」 2008年ベルリン公演 [Blu-ray]



本小澤征爾 自伝的エッセイ「ボクの音楽武者修行」










ペン小澤征爾の熱意と意志
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/110925/ent11092508140002-n1.htm
 23歳の小澤征爾は1959年2月、神戸港から一人、貨物船「淡路山丸」に乗り込み、フランスを目指した。約60日かけて、マルセイユ港に入り、そこからパリまではスクーター。富士重工から借りたスクーターには日の丸が掲げられ、故障に備え富士重工の工場で修理法を習っていったという。
 家庭の事情からお金がなく、あちこちに頼み回って苦労した道程も、「外国の音楽をやるためには、その音楽の生まれた土、そこに住んでいる人間をじかに知りたい」という青年小澤の強い意志に比べれば何ほどのものでもなかったろう。「なんとしても本場で勉強したい熱意は傍らで見ていてもまさにイノシシ年の面目躍如だった」と弟の小澤幹雄氏は回想している(モーストリー・クラシックVol.145)。
 その年の9月、仏ブザンソンで開かれたブザンソン国際指揮者コンクールで見事優勝する。結果は実力だが、運にも恵まれた。実は、書類の提出がコンクールの受け付けに間に合わなかったのだ。小澤は、日本大使館に駆け込むが埒(らち)があかず、アメリカ大使館に頼み込んだ。音楽部のマダム・ド・カッサが「おまえはいい指揮者か、悪い指揮者か」と聞いてきた。小澤は「自分はいい指揮者になるだろう」とすかさず答えた。好印象を持ったマダム・ド・カッサが、コンクール事務局にかけあってくれ、受験資格が与えられた。運命の扉を開けたのはやはり熱意。未来への第一歩はこうして始まった(「ボクの音楽武者修行」から)。
 その後、小澤征爾は「楽壇の帝王」といわれたヘルベルト・フォン・カラヤン、そして「ウエストサイド物語」の作曲者でもあるレナード・バーンスタインに認められる。ニューヨーク・フィルの副指揮者などを経て、ボストン交響楽団の音楽監督を29年間務めた。2002年から10年まで、楽壇の最高峰のポストであるウィーン国立歌劇場の音楽監督をもちろん日本人として初めて務めた。いま、最も力を注いでいるのがサイトウ・キネン・フェスティバル松本、そして小澤征爾音楽塾などでの若き音楽家の育成だ。









ペン小澤征爾 76年の軌跡 音楽への献身 人々を魅了
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/110929/ent11092912340008-n1.htm

<シーン1>
 「セイジはすべて音楽のために生きています。音楽に対するこの上ない献身があります。セイジは周囲の人々を、そのパッションと熱意で、完全に虜(とりこ)にしてしまうのです。その姿を見ただけで、彼には生命と音楽への愛にあふれていることが分かります。そこに誰もが感応するのではないでしょうか」(クライブ・ギリンソン・カーネギーホール総監督)。
 「小澤は素晴らしく感受性の豊かな音楽家です。彼はカルロス・クライバーやリッカルド・ムーティのように、作曲家と聴き手をつなぐことのできる数少ない音楽の仲介者です。音楽の真実を追求し、それを比類ない器用な身体的動作でオーケストラに伝えることができる指揮者でもあります」(イオアン・ホーレンダー・元ウィーン国立歌劇場監督)。
 小澤征爾(76)に対する称賛の声を挙げたらきりがない。欧米の楽壇を代表する人物2人の証言で十分、才能のすごさが伝わるはず。

 小澤は1935(昭和10)年、歯科医の父、開作、母、さくらの三男として旧満州の奉天(現瀋陽)に生まれた。陸軍大将、板垣征四郎の征と関東軍参謀、石原完爾の爾をもらい命名された。49年、日比谷公会堂で行われたレオニード・クロイツァーが指揮する日本交響楽団(現在のNHK交響楽団)の演奏会を聴き、指揮者の仕事に関心を抱いたという。
 小澤の基礎を作ったのは恩師の指揮者でチェリスト、斎藤秀雄(1902〜74年)。桐朋学園音楽部門の創設者だ。
 「斎藤先生がいつも言っていたのは、スコアの奥にある作曲家が本当に言いたかったことを読め、表面をなぞっているだけじゃいけない。先生は厳しかったから、アウフタクトという上げ弓でも、どのくらいの場所から上げ弓するのか、ということまでこだわるのです。緻密にやらないと表現にならない、アバウトじゃだめだぞと。その後、いろんな経験をして本当によく分かりました」とインタビューに答えている。

 その業績、才能に対して第23回高松宮殿下記念世界文化賞が与えられた。2011年10月19日、東京の明治記念館で授賞式が行われる。


<シーン2>
 パリ留学の一念 貨物船とスクーターで実現
 日本人の海外留学が減少し続けているという。海外へのあこがれがなくなったのか、不況のためか、日本人の内向き志向などといわれる。小澤征爾がフランスに留学した経緯をつづった「ボクの音楽武者修行」(新潮文庫)の時代とは、隔世の感がある。昭和30年代の日本の若者は未来を見据え、強い意志を持ち、とにかく熱かった。
 小澤は1959(昭和34)年2月、神戸港から貨物船、淡路山丸に乗ってマルセイユを目指した。「ボクの音楽武者修行」には船から家族に宛てた手紙が紹介されている。
 「それから兄貴が神戸の運動具屋で買ってくれた自炊道具のコッヘルがどこを捜してもない。パリに着いて自炊するようになったら使おうと思っているので弱っている」「外国というとずいぶん遠方のようだが、いざ来てみると意外に近い。日本にいたときには、フィリピンとかシンガポールとかいうと地球の果ての国みたいな気がしたものだが、この分でいくと、パリもそう遠いところではないのだろう」

 貨物船に乗ったのは前年のフランス政府給費留学試験に落ち、家庭がそれほど裕福でなかったためだ。コッヘルで自炊するなんてことは、今では考えられないだろう。
 約60日かけてついたマルセイユからパリまでの道のりは、つてを頼り富士重工業から手に入れた125ccのスクーターだ。その際に富士重工業から、日本国籍を明示すること、音楽家であることを示す、などの条件を出された。それゆえ、白いヘルメットにギターをかついで日の丸をつけた「奇妙ないでたち」だった。
 しかし、小澤は「あのころ、自分ではそんなに大それたことだと思わずに、目先のことで何しろ行きたいと思いました。でも、どうやって行っていいか分からないので、苦労して淡路山丸に乗せてもらって、スクーターを借りて行ったのです。しかも帰る旅費がないし、それ以外何も考えていなかった。出発前に親父は(別れの際に酌み交わす)水杯(みずさかずき)だって。周りはそれくらい深刻だったらしいです。でも僕はそんなこと全然思わなかった」と話している。


<小澤征爾(おざわせいじ)>




いい気分(温泉)団塊の世代 掲示板 団塊世代 BBS
http://dankaisyowa.seesaa.net/











喫茶店注目の話題
http://googletopic.dtiblog.com/



小澤征爾(おざわせいじ) 画像 動画 インタビュー 掲示板
ラベル:小澤征爾
posted by 注目の話題 at 15:46| 好きなアーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

エリック・クラプトン

<Eric Clapton(エリック・クラプトン)>


TV「SONGS エリック・クラプトン」(NHK総合)
http://www.nhk.or.jp/songs/archive/111005.html
2011年(平成23年)10月5日(水)PM10:55〜 エリック・クラプトンの特集です。
独占インタビューを敢行。ヒット曲の数々を、クラプトンの話を交えて紹介し、彼の音楽の魅力、苦悩と栄光の歴史に迫ります。
曲目は、「サンシャイン・ラヴ」、「いとしのレイラ」、「ティアーズ・イン・ヘヴン」、「チェンジ・ザ・ワールド」


ペンNHK『SONGS』エリック・クラプトン独占インタビュー
http://dogatch.jp/blog/news/nhk/11041015147.html
 2011年10月5日(水)の放送は、2011年11月に19度目の来日公演が決定した永遠のギターヒーロー、エリック・クラプトンが登場。幼いころの両親との離別、ジョージ・ハリスンとの友情、その妻パティをめぐる略奪婚、麻薬との戦い、そして愛する息子との死別・・・。彼自身が語る半生を紹介し、音楽の魅力、苦悩と栄光の歴史に迫る。
<エリック・クラプトン プロフィール>
1945年イギリス生まれ。独学でギターを習得。1963年、伝説のロックバンド、ヤードバーズに加入。その後、ジョン・メイオール・ブルースブレイカーズ、クリーム、ブラインド・フェイス、デレク・アンド・ザ・ドミノスを経て、ソロ活動に入る。今日までに数々の名盤、ヒット曲を生み出し、合計16のグラミー賞を受賞。私生活では、親友ジョージ・ハリスンの妻パティ・ボイドとの結婚と離婚、薬物とアルコール依存症、最愛の息子コナーの事故死を経て、今は最愛の妻メリアと3人の娘に囲まれるという波乱万丈の人生を送り、現在に至る。



本エリック・クラプトン自伝(親友G・ハリスンの妻との恋、息子の死、ドラッグとアルコールに溺れた日々。苛酷で数奇な音楽人生を赤裸々に綴った自叙伝)




<夢の共演>
エリック・クラプトン&ウイントン・マルサリス
エリック・クラプトンとウイントン・マルサリス.jpg

るんるん「プレイ・ザ・ブルース(CD+DVD)」 (視聴する クリック!)
ギターの神様、エリック・クラプトンと、ジャズ・トランペッターのウイントン・マルサリスによる豪華共演のステージを収録したライヴ・アルバム。2011年4月ニューヨーク・リンカーン・センター


















爆弾ロックギター入門 (見て弾けるDVD付)



爆弾アコースティックギター入門 (見て弾けるDVD付)











<MP3ダウンロード>
無料ダウンロード曲も多数あります。掘り出し物の音が見つかるかも!
音楽MP3無料ダウンロード.jpg

ひらめきMP3ダウンロード特集サイト (クリック!)
(*)J-POP
(*)ポップス
(*)ロック
(*)ハードロック・ヘヴィメタル
(*)ブルース・カントリー
(*)フォーク
(*)ソウル・R&B
(*)ヒップホップ
(*)ダンス・エレクトロニカ
(*)ジャズ・フュージョン
(*)クラシック
(*)レゲエ
(*)ワールド
(*)ニューエイジ・イージーリスニング
(*)サウンドトラック
(*)アニメ・ゲーム音楽
(*)キッズ・ファミリー
(*)演歌・歌謡曲・軍歌
(*)日本の伝統音楽
(*)バラエティ・効果音





サーチ(調べる)あなたの好きなアーティストは?
















<エレキギターを弾きたい人へ>






エリック・クラプトン
posted by 注目の話題 at 08:59| 好きなアーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

吉川晃司(きっかわこうじ) 画像 動画 インタビュー 掲示板

<最高にカッコイイ!>
吉川晃司.jpg

爆弾吉川晃司ベストアルバム「KEEPONSINGIN'!!!!!〜日本一心〜」












ペン吉川晃司 インタビュー「世の中に染まった時点でTHE END」
http://www.raprise.net/interview/19.shtml
「世の中に染まった時点でTHE END」

ペン吉川晃司 インタビュー(2009年11月)
http://rooftop.cc/interview/001938.php
「マイノリティとして体制に噛みついてきた不撓不屈の表現者が語る“LIVE”と“LIFE”」

ペン吉川晃司 インタビュー(2009年9月)
http://rooftop.cc/interview/001930.php
「すべてを蹴飛ばしてマイナスに懸け続けてきた表現者の四半世紀」











TV「SONGS 吉川晃司」(NHK総合)
http://www.nhk.or.jp/songs/archive/090722.html
2009年7月22日(水)PM10:55〜
「にくまれそうなNEWフェイス」、「RAIN-DANCEがきこえる」、「せつなさを殺せない」、「終わらない Sun Set」、「El Dorado」









TV「僕らの音楽 吉川晃司」(フジテレビ)
http://www.fujitv.co.jp/ourmusic/index.html
2011年(平成23年)9月30日(金)PM11:30〜 吉川晃司の特集です。
対談相手は、羽鳥慎一
コラボは、大澤誉志幸、後藤次利



・吉川晃司×大澤誉志幸「ラ・ヴィアンローズ」
吉川晃司と大澤誉志幸.JPG



・吉川晃司×後藤次利「RAIN-DANCEがきこえる」
吉川晃司と後藤次利.JPG




・吉川晃司×杉並児童合唱団「あの夏を忘れない」
吉川晃司と杉並児童合唱団.JPG










TV吉川晃司 25th ANNIVERSARY LIVE GOLDEN YEARS TOUR FINAL at 日本武道館 [DVD]


TVCOMPLEX 1990.11.08 [DVD] COMPLEXの解散コンサート 東京ドームライブ


TV仮面ライダー×仮面ライダー OOO(オーズ)&W(ダブル) feat.スカル MOVIE大戦CORE コレクターズパック【Blu-ray】








吉川晃司







<MP3ダウンロード>
無料ダウンロード曲も多数あります。掘り出し物の音が見つかるかも!
音楽MP3無料ダウンロード.jpg

ひらめきMP3ダウンロード特集サイト (クリック!)
(*)J-POP
(*)ポップス
(*)ロック
(*)ハードロック・ヘヴィメタル
(*)ブルース・カントリー
(*)フォーク
(*)ソウル・R&B
(*)ヒップホップ
(*)ダンス・エレクトロニカ
(*)ジャズ・フュージョン
(*)クラシック
(*)レゲエ
(*)ワールド
(*)ニューエイジ・イージーリスニング
(*)サウンドトラック
(*)アニメ・ゲーム音楽
(*)キッズ・ファミリー
(*)演歌・歌謡曲・軍歌
(*)日本の伝統音楽
(*)バラエティ・効果音





サーチ(調べる)あなたの好きなアーティストは?
















<フェラーリの香水で、モテ男に>
風を感じるフレッシュさからエレガンスなスタイルを象徴する様に花々が誇らしげに香り、 仕上げはアンバータッチに。スマートさとスケールの大きさを感じる研ぎ澄まされた香りです。
素敵な香りで相手の関心をひいたり、話題の糸口になれば。。。
オススメの男性用香水.jpg

ひらめき「フェラーリ レッド 125ml EDT-SP」 (詳細クリック!)












<エレキギターを弾きたい人へ>








いい気分(温泉) 注目の話題
http://googletopic.dtiblog.com/


吉川晃司(きっかわこうじ) 画像 動画 インタビュー 掲示板

ラベル:吉川晃司
posted by 注目の話題 at 00:19| 好きなアーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

Pink Floyd(ピンク・フロイド) 掲示板

<Pink Floyd(ピンク・フロイド)>
最新リマスタリング発売&初来日40周年記念 総特集!
PinkFloyd(ピンク・フロイド).jpg

ひらめき「ピンク・フロイド 深遠なる迷宮への誘い」 (詳細クリック!)





ペンピンク・フロイド - Wikipedia
ピンク・フロイド (Pink Floyd) は、イギリス出身のロック・バンド。幻想的かつ実験的な音楽性やスペクタクルに富んだライブ、現代社会における人間疎外や政治問題をテーマにした文学的、哲学的な歌詞で世界的に人気を博した。芸術面で高い評価を得る一方で、『狂気』は4,500万枚、『ザ・ウォール』は3,000万枚のメガ・セールスを記録し、レコード、CD総売り上げは2億1,000万枚(2005年)、商業的にも大成功を収めたグループである。
日本ではいわゆるプログレッシヴ・ロックの代表格として扱われることが多いが、クラシック音楽やジャズをバックグラウンドに卓抜したテクニックを披露する技巧派の類とは異なり、ブルースやサイケデリック・ロック、アシッド・フォークなどをバックボーンに持つ。彼らの演奏は一般的なプログレッシブ・ロックに見られる細かい符割りや変拍子とは無縁であるが、その音楽は独自の浮遊感・陶酔感を湛えている。彼らの音楽性は、ジ・オーブやKLFなどのいわゆるエレクトロニカ関連のアーティストにも大きな影響を与えている。


位置情報ピンク・フロイド 公式サイト
http://www.pinkfloyd.com/


位置情報ピンク・フロイド Facebook
http://www.facebook.com/pinkfloyd













ペン「ピンク・フロイド」の道はプログレッシヴ・ロックの道なり
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000298.000000664.html
2011年9月28日(水)、いよいよ「ピンクフロイド(Pink Floyd)」の最新リマスタリング・シリーズがリリースされます。
ピンク・フロイドは、イギリス出身のシド・バレット、ロジャー・ウォーターズ、ニック・メイスン、リチャード・ライトの4人により1967年に最初のアルバム『夜明けの口笛吹き』をリリース。翌68年にはシド・ヴァレットが抜けデヴィッド・ギルモアが加入、プログレッシヴ・ロックを代表する歴史的な傑作アルバムを多数リリースしてきました。2006年にシド・バレット、2008年にはリチャード・ライトが他界するも、彼らの音楽はいまだ聴き継がれ、アルバム・トータルセールスは世界で2億枚を超えています。
今年5月、EMIの”2011 年9月からピンク・フロイドの大規模リリースキャンペーン実施“という公式発表以来、全世界から注目を集めるこの企画は、9月、11月、そして2012年2月の3回に分けてピンク・フロイドの様々なアルバムが登場するというものです。
その、メインとなるのが、第一弾として9月28日にリリースされるオリジナル・スタジオ・アルバム全14タイトルの最新リマスターシリーズ「14アルバム・ボックス」。
『夜明けの口笛吹き』(1967年)、『神秘』(1968年)、『モア』(1969年)、『ウマグマ』(1969年)、『原子心母』(1970年)、『おせっかい』(1971年)、『雲の影』(1972年)、『狂気』(1973年)、『炎〜あなたがここにいてほしい』(1975年)、『アニマルズ』(1977年)、『ザ・ウォール』(1979年)、『ファイナル・カット』(1983年)、『モメンタリー・ラプス・オブ・リーズン』(1987年)、『対』(1994年)の全14作品が最新リマスターを施され新登場します(*カッコ内はオリジナル発売)。2000年代に入ってからリマスターされた『夜明けの口笛吹き』、『狂気』以外の全ては十数年ぶりとなるリマスターです。
リマスタリングを行ったのはピンク・フロイドではお馴染みの米のエンジニア、ジェイムス・ガスリー。また、CDのブックレットなども、長年ピンク・フロイドのアート・ディレクターを務めているストーム・トーガソン監修のもと、デザインが一新され、歴史的名盤が新しい音とビジュアルでよみがえることとなりました。
これらオリジナル・スタジオ・アルバム全14タイトル以外に、全オリジナル・スタジオ・アルバムにフォトブックが付属したボックスセット、『狂気』、『炎〜あなたがここにいてほしい』、『ザ・ウォール』は通常盤以外に、未発表音源を含むデラックス・エディションなど歴史的名盤が新しい音とビジュアルでよみがえることとなり、コアなファンから、初めてピンク・フロイドに接する音楽ファンまで、幅広いリスナーに興味をお持ちいただける様々なアイテムが話題を集めています。
今回の一連のプロジェクトに関し、EMIグループのCEO、ロジャー・ファクソンは「これは歴史上最も創造的で影響を与えたバンドの1つとEMIのユニークなコラボレーションである。このリリースには1年以上の歳月を費やし、ピンク・フロイドを現代音楽において最も刺激的なバンドにしたすべての要素が含まれている。」と語っています。
オフィシャル・ウェブサイト、http://www.pinkfloyd.com/ には今なお毎日多数のファンが訪れ、FaceBookには現在1,100万人のフォロアーを擁するピンク・フロイド。今回の大規模リリースキャンペーンはポピュラー音楽史に残る非常に大きな事件になることは間違いありません。





爆弾ピンク・フロイド「狂気 (The Dark Side of the Moon)」 (詳細クリック!)


爆弾ピンク・フロイド「炎〜あなたがここにいてほしい(Wish You Were Here)」 (詳細クリック!)


爆弾ピンク・フロイド「ザ・ウォール(Wall)」 (詳細クリック!)















TVピンク・フロイド ロンドン 1966-1967 [DVD]
ピンク・フロイドの初期メンバーによるレコーディングやライブ風景を収録。ジョン・レノンオノ・ヨーコがスタジオに顔を出している貴重な映像や、ビッグアーティストのインタビューも収録。CD付き。




TVザ・ウォール [DVD]
ピンク・フロイドの大ヒット作『The Wall』の制作プロセスとそのツアーなど、一連のプロジェクトを追ったドキュメンタリー映画の再編集版。













カラオケピンク・フロイド日本公演インタビュー(1972年3月)
http://www.avis.ne.jp/%7Efancysc/column19.html














<MP3ダウンロード>
無料ダウンロード曲も多数あります。掘り出し物の音が見つかるかも!
音楽MP3無料ダウンロード.jpg

ひらめきMP3ダウンロード特集サイト (クリック!)
(*)J-POP
(*)ポップス
(*)ロック
(*)ハードロック・ヘヴィメタル
(*)ブルース・カントリー
(*)フォーク
(*)ソウル・R&B
(*)ヒップホップ
(*)ダンス・エレクトロニカ
(*)ジャズ・フュージョン
(*)クラシック
(*)レゲエ
(*)ワールド
(*)ニューエイジ・イージーリスニング
(*)サウンドトラック
(*)アニメ・ゲーム音楽
(*)キッズ・ファミリー
(*)演歌・歌謡曲・軍歌
(*)日本の伝統音楽
(*)バラエティ・効果音





サーチ(調べる)あなたの好きなアーティストは?

















<エフェクター>














<エレキギターを弾きたい人へ>












イベント素敵な情報 画像 掲示板 BBS 全国各地のイベント 注目の話題 今週の予定 面白い話題 今週の予定 注目の話題 注目の記事
http://eventinfo.dtiblog.com/blog-category-3.html

Pink Floyd(ピンク・フロイド) 掲示板
posted by 注目の話題 at 21:41| 好きなアーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

スガシカオ 掲示板

スガシカオ
スガシカオと桜井和寿の対談.jpg

ぴかぴか(新しい)「別冊カドカワ 総力特集 スガシカオ」 (詳細クリック!)
ベスト盤でコラボした桜井和寿(Mr.Children)との対談












位置情報スガシカオ公式サイト
http://www.office-augusta.com/suga/
ライブ・イベント情報、メディア出演情報、ディスコグラフィー


るんるんスガシカオ ALL SINGLES BEST








ペンスガシカオ インタビュー
http://www.fujitv.co.jp/FACTORY/CS0018/composition.html

ペンスガシカオ インタビュー(2006年)
http://www.hotexpress.co.jp/interview/sugashikao_20060906/

ペンスガシカオ インタビュー(2008年)
http://ent2.excite.co.jp/music/interview/2008/sugashikao/interview01.html

ペンスガシカオ インタビュー(2008年)
http://www.hmv.co.jp/news/article/805120029/

ペンスガシカオ インタビュー(2009年)
http://music.blog.so-net.ne.jp/powerpush09_119














<MP3ダウンロード>
無料ダウンロード曲も多数あります。掘り出し物の音が見つかるかも!
音楽MP3無料ダウンロード.jpg

ひらめきMP3ダウンロード特集サイト (クリック!)
(*)J-POP
(*)ポップス
(*)ロック
(*)ハードロック・ヘヴィメタル
(*)ブルース・カントリー
(*)フォーク
(*)ソウル・R&B
(*)ヒップホップ
(*)ダンス・エレクトロニカ
(*)ジャズ・フュージョン
(*)クラシック
(*)レゲエ
(*)ワールド
(*)ニューエイジ・イージーリスニング
(*)サウンドトラック
(*)アニメ・ゲーム音楽
(*)キッズ・ファミリー
(*)演歌・歌謡曲・軍歌
(*)日本の伝統音楽
(*)バラエティ・効果音













イベント素敵な情報 画像 掲示板 BBS 全国各地のイベント 注目の話題 今週の予定 面白い話題 今週の予定 注目の話題 注目の記事
http://eventinfo.dtiblog.com/blog-category-3.html
スガシカオ 掲示板
ラベル:スガシカオ
posted by 注目の話題 at 07:49| 好きなアーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

マドモアゼル・ユリア




ハートたち(複数ハート)「マドモアゼル・ユリア(MADEMOISELLE YULIA)」
http://blog.honeyee.com/yulia/
テクノポップの美人DJ、マドモアゼル・ユリアさんが、2011年10月5日(水)にメジャーデビューアルバム「MADEMOWORLD」をリリース。



マドモアゼル・ユリア.jpg

るんるんMADEMOWORLD









ペン新世代女性DJマドモアゼル・ユリアがCDデビュー
http://www.fashionsnap.com/news/2011-08-04/mademoiselle-yulia-debut/
 DJやデザイナーとして活躍するMADEMOISELLE YULIA(マドモアゼル・ユリア)が、楽曲「Gimme Gimme」でCDデビューした。VERBAL(m-flo,TERIYAKI BOYZ(R))をエグゼクティヴ・プロデューサーに迎え、シンガーとして初のオリジナル・アルバム「MADEMOWORLD」を秋にリリース予定(2011年9月にデジタル先行、2011年10月にCD発売)。リード・シングルとなる「Gimme Gimme」が2011年8月3日からPC配信で先行リリースしている。
 マドモアゼル・ユリアは、1987年東京生まれ。パンクやテクノポップ、ガレージ等の音に影響を受けながら、バンドとして勢力的に音楽活動をスタート。その後、6年間ヴォーカル&ギターとして独自の感性を磨きつつ、DJ活動を開始した。2008年にはデビューミックスアルバム"Neon Spread"をリリース。エレクトロを主軸としながらテクノ、ヒップホップ様々な音楽を取り入れたオリジナルでマルチレイヤーな世界観を表現し、一躍"TOKYO ELECTROアイコン"となる。近年では、自身のアクセサリーブランド「GIZA」でジュエリーデザインを手掛けるほか、雑誌「NYLON JAPAN」でオリジナルページを持ち、モデルや執筆など多方面で活躍している。2010年にテクノポップバンド「PLASTICS」が再始動した際はヴォーカルを務め、2011年4月、カイリー・ミノーグ20年振りの来日公演にオープニング・アクトとして出演。そのほか、米 CNN Internationalが選ぶ「The Tokyo Hot List: 20 people to watch」で注目すべき HOTな日本人20名のうち2番目に選出。米「Nylon」や仏「JALOUSE(ジャルーズ)」に紹介されるなど、既に海外でも幅広く活躍しているアーティスト。
 TERIYAKI BOYZ(R)やTOWA TEI等のアルバムに参加するなど、今や"新世代女性DJのアイコン"となったマドモアゼル・ユリア。英語と日本語を織り交ぜた歌詞とポップでエレクトロなサウンドになっている「Gimme Gimme」は、PCでの先行配信に合わせてiTunesではビデオ・プレミアとしてビデオの販売をスタートする。ミュージック・ビデオはフランスのグラフィック・アーティスト FAFI(ファフィ)が監督をつとめており、パリの有名なライヴハウス「ラ・シガール」で撮影されたもの。映画『時計仕掛けのオレンジ』からインスパイアされた豪華な内容になっている。



マドモアゼル・ユリア







<MP3ダウンロード>
無料ダウンロード曲も多数あります。掘り出し物の音が見つかるかも!
音楽MP3無料ダウンロード.jpg

ひらめきMP3ダウンロード特集サイト (クリック!)
(*)J-POP
(*)ポップス
(*)ロック
(*)ハードロック・ヘヴィメタル
(*)ブルース・カントリー
(*)フォーク
(*)ソウル・R&B
(*)ヒップホップ
(*)ダンス・エレクトロニカ
(*)ジャズ・フュージョン
(*)クラシック
(*)レゲエ
(*)ワールド
(*)ニューエイジ・イージーリスニング
(*)サウンドトラック
(*)アニメ・ゲーム音楽
(*)キッズ・ファミリー
(*)演歌・歌謡曲・軍歌
(*)日本の伝統音楽
(*)バラエティ・効果音





サーチ(調べる)あなたの好きなアーティストは?















イベント素敵な情報 画像 掲示板 BBS 全国各地のイベント 注目の話題 マドモアゼル・ユリア 今週の予定 面白い話題 今週の予定 注目の話題 注目の記事 マドモアゼル・ユリア 掲示板
http://eventinfo.dtiblog.com/blog-category-3.html


マドモアゼル・ユリア
posted by 注目の話題 at 10:24| 好きなアーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする