2014年07月05日

宇部琴芝チャンスセンター

宇部琴芝チャンスセンターの所在地とアクセス
宇部琴芝チャンスセンター


宇部琴芝チャンスセンターの所在地;山口県宇部市常盤町1-6-30
宇部琴芝チャンスセンターのアクセス;宇部線の琴芝駅から徒歩3分(約250メートル)








6年連続で宝くじ1億円超の高額当せん出す山口県宇部市に注目
(女性セブン2014年7月3日号)
人口17万人ほどの山口県宇部市が、宝くじファンの間で話題を呼んでいる。
 宇部市内の売り場から6年連続でジャンボ宝くじなどの“億当せん”が生み出されたことになり、まさにノリに乗っている街なのだ。

 宇部琴芝チャンスセンターの当せんで、宇部の“億当せん”は6年連続に。その記録のはじまりは、2009年、年末ジャンボの1等・前後賞合わせて3億円が2組当せんした『宇部琴芝チャンスセンター』だった。宇部琴芝チャンスセンターは、35年の歴史があるが、2009年までの当せん金の最高額は1000万円。
 宇部琴芝チャンスセンター売り場担当の亀山賢次さんは次のように振り返る。 「やっと億当せんが出たと思ったら、一気に2組ですからね。こんな小さな町で、しかも同じ売り場から億当せんが2組も出たんですから、本当に珍しいことです」
 その後も、宇部琴芝チャンスセンターでは、2010年と2011年の年末ジャンボで1等・前後賞合わせて3億円が出たほか、2012年のドリームジャンボでも1等・前後賞合わせて1億1000万円が当せん。まさかの4年連続で億当せんを出し、“奇跡の売り場”として北海道や沖縄など全国各地から買いに来る人もいたほど。
宇部琴芝チャンスセンター』のバトンを引き継ぎ、翌年(2013年)、宇部市内の“5年連続億当せん”を実現させたのが、『宇部メルクスチャンスセンター』だ。 売り場の外観をイエローゴールドに改装した直後の、2013年の年末ジャンボで1等・前後賞合わせて7億円が当せんした。









揺れるハート小さな幸せ

揺れるハート私の事典

揺れるハートありがとう

揺れるハート意味と目次











posted by 注目の話題 at 05:50| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする