2012年05月11日

スパルタカス

スパルタカス

台風「スパルタカス」  (詳細クリック!)


ペン驚異的な視聴率を記録した「スパルタカス
http://www.cinematoday.jp/page/N0023937
 世界中で大ヒットした映画『スパイダーマン』シリーズのサム・ライミが製作総指揮を務める歴史スペクタクル。トラキア人奴隷戦士スパルタカスがローマ軍に反旗を翻し、処刑のためローマへと連行される。だが、グラディエーター(剣闘士)として見いだされ、生き残ることこそ愛する妻を奪い返す手段だと悟ったスパルタカスの壮絶な戦いの日々を描く。名誉・地位・金、女たちの愛欲にまみれた過激なエロティシズムも話題の作品だ。
 「スパルタカス」を題材にした映画といえば、故スタンリー・キューブリックが1960年に監督した映画『スパルタカス』が有名だが、歴史スペクタクル映画『300 <スリーハンドレット>』、ブラッド・ピット主演映画『トロイ』、アカデミー賞作品賞を受賞した映画『グラディエーター』など数々の名作も生み出されているだけに、ヒットメーカーのサム・ライミが最新VFX映像で魅せる、テレビドラマ・シリーズにこれまでなかったスケールの本作に注目が集まる。


ペンアメリカを興奮のるつぼに陥れた傑作ドラマ「スパルタカス
http://news.walkerplus.com/2012/0510/32/
容赦のないバトルと露骨なセックス描写によって話題騒然となった海外ドラマ「スパルタカス」。アメリカの放送局STARZのオリジナルドラマとして歴代最高視聴者数を更新するなど、全米に熱狂の渦を巻き起こした同シリーズがいよいよBlu-ray&DVD化され、2012年5月11日(金)より発売される。しかも、今回収録されるのは、日本初の完全無修正版であり、超過激な血と肉の狂騒を余すところなく堪能することができるのだ。
妻を奪われ、奴隷剣闘士となることを余儀なくされた男スパルタカスが、復讐のために血みどろの闘いに身を投じていく様を描いた本作。製作総指揮を務めたサム・ライミといえば、スプラッターホラーの金字塔『死霊のはらわた』(81)や大人気アクション大作『スパイダーマン』(02)の監督として知られているが、このドラマシリーズではライミ独自の血なまぐさい美学がとことんまで追求されている。さらに最新のVFX技術を駆使しており、スピード感あふれるスタイリッシュなアクションとしての要素も見逃せない。
そんな本作の見どころは、何といっても過剰なまでのバイオレンスとエロスだろう。ぱっくりと開いた首の傷からドクドクと血があふれ出したり、膝から下を失った人間が腕の力だけで必死に這いずり回ったりなど、ショッキングなイメージには事欠かない。また、筋骨隆々とした男との交わりによって官能の悦びに浸る女たちも存分に描かれ、見るものを飽きさせることがない。まさに圧倒的なバトルとエロティシズムに酔うことができる作品で、とてもテレビシリーズとは思えないような描写とスケール感になっている。

TVスパルタカス


スパルタカスあらすじ











<スパルタカス映画(1960年)>
カーク・ダグラス主演の名作映画
スパルタカス映画
ぴかぴか(新しい)映画「スパルタカス」 (詳細クリック!)

<映画スパルタカス あらすじ>
紀元前1世紀、ローマ共和国が隆盛を誇っていた頃--奴隷のスパルタカス(カーク・ダグラス)はバタイアタス(ピーター・ユスチノフ)の剣闘士養成所に売られた。彼はそこで女奴隷バリニア(ジーン・シモンズ)を知った。ローマの名将クラサス(ローレンス・オリヴィエ)がバタイアスを訪ねた。バタイアスは余興にスパルタカスと親友の黒人奴隷ドラバとの真剣勝負を命じた。ドラバは試合に勝ったが、スパルタカスを殺さずクラサスに襲いかかったが殺された。クラサスはバリニアを買い本国に送れと命じた。スパルタカスは悲しんだ。彼は同僚クリクサスと共謀して反乱を起した。首領スパルタカスと奴隷の集団は、つぎつぎに貴族の所領を襲い奴隷を解放し、ベスビアスの山腹に大奴隷軍の本拠をかまえた。バリニアも愛するスパルタカスのもとに戻ってきた。ローマの政界ではクラサスとグラッカス(チャールズ・ロートン)が主動権を争っていた。グラッカスはクラサスの勢力を駆逐するため、彼の部下グラブラス(ジョン・ドール)のローマ警備隊を奴隷軍攻撃に派遣し、かわりに友人ジュリアス・シーザー(ジョン・ギャビン)を守備隊長に任命した。奴隷軍はグラブラスを撃滅し、グラブラスは単身逃げ戻った。クラサスは責任をとって引退した。奴隷軍は南海岸に迫った。グラッカスはクラサスに再起を頼み、クラサスは成功したら執政官になることを条件に引き受けた。スパルタカスは元クラサスの召使アントナイナス(トニー・カーティス)を参謀にした。彼の悲願は奴隷を解放することで、沿岸の海賊と奴隷送還の契約をした。これを知ったクラサスは海賊を買収し、奴隷軍の後方に味方を上陸させた。奴隷軍は海賊の裏切りと前後の敵に挟まれ、スパルタカスはローマへの進撃を命じた。カプア近郊の大平原で両軍は戦火を交えた。一時は優勢だった奴隷軍は逆転された。バリニアは再びクラサスの奴隷になった。スパルタカスはアントナイナスと決闘を命じられた。しかも勝ったものははりつけになるという。2人は涙をのんで戦い、アントナイナスは死に、スパルタカスは城門の外の十字架にかけられた。独裁者クラサスにも悩みはあった。バリニアは貞節を守り、クラサスの意に敢然として従わなかった。失脚したグラッカスはクラサスの弱点をつき、バタイアスに命じてバリニア母子を誘拐させた。彼は最後の職権を行使して、母子を解放し自由を与え、国外に逃してやり、自分は自殺した。バタイアスはバリニア母子と戦車に乗って城門を出た。スパルタカスは十字架の上でまだ生きていた。十字架の下に立ったバリニアは子供を高くさし上げ、自由になったことを知らせた。死の直前に、妻子の自由になったことを知ったスパルタカスは、昇る朝日に向かって走り去る戦車を、いつまでもいつまでもみつめていた。。。








プレゼント注目の記事や最新のニュースや訳あり情報や無料のお得情報の掲示板





posted by 注目の話題 at 01:59| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。