2011年11月06日

マネーボール理論(セイバーメトリクス) 掲示板

映画「マネーボール Moneyball」
http://www.moneyball.jp/
メジャーリーグの貧乏球団アスレチックスを常勝軍団に作り変えた男、ビリー・ビーンの物語が、2011年(平成23年)11月11日(金)よりロードショーです。
キャストは、ブラッド・ピット、ジョナ・ヒル、ロビン・ライト、ほか。




<マネーボール あらすじ>
メジャー経験のあるプロ野球選手から球団のフロントに転身するという珍しいキャリアを持つビリー・ビーン(ブラッド・ピット)。風変わりで短気なその性格は、若くしてアスレチックスのゼネラルマネージャーになってからも変わらなかった。自分のチームの試合も観なければ、腹が立つと人や物に当り散らすという、癖のあるマネジメントを強行。そんな変わりダネが経営するアスレチックスは弱かった。しかも、貧乏球団のため、優秀で年俸の高い選手は雇えない。チームの低迷は永遠かと思われ、ワールド・チャンピオンの夢はほど遠かった。だが、野球経験はないものの、データ分析が得意なピーター・ブランド(ジョナ・ヒル)という球界の異分子と出会ったことで、風向きが変わり始める。ビリーは後に“マネーボール理論”と呼ばれる“低予算でいかに強いチームを作り上げるか”という独自の理論を実践。だがそれは同時に、野球界の伝統を重んじる古株のスカウトマンだけでなく、選手やアート・ハウ監督(フィリップ・シーモア・ホフマン)らの反発を生み、チーム状況が悪化。それでも強引に独自のマネジメントを進めてゆく。その揺るぎない信念は、徐々にチームに勝利をもたらし、誰も想像しなかった奇跡が……。球界はビリーの手腕を認め、周囲からの信頼も次第に回復。そしてある日とんでもないオファーが飛び込んでくる。しかし、そこで重大なことに気づいたビリーは、意外な行動に出る。。


本ベストセラー本「マネー・ボール」








ペンマネーボールは今、どうなっているか?
http://news.livedoor.com/article/detail/5999139/
ビリー・ビーンは、選手獲得に独自のデータを活用したこと。特にセイバーメトリクスを積極的に導入したことで知られるが、GMとしての真骨頂は高騰しつつあった「白星単価」を下げたことではなかったか。
ビリー・ビーンがオークランド・アスレチックス(OAK)のGMに就任して13年、1勝の価格は、どう推移しているのか。直近5年間の30球団の「白星単価」を調べてみた。Wは勝ち星。90以上を赤、72以下を緑にした。$/Wが「白星単価」。各球団のMLB選手の年俸総額を、勝ち星で割ったものだ。RKは$/W の30球団でのランク。安い順。上位3球団を赤、下位3球団を緑。単位は万ドル。
OAKは「白星単価」では30球団中11位、4位、3位、2位、8位と相変わらず上位にいるが、2008年以降は、昨年の81勝、5割が最高。コストパフォーマンスが良いとはいえない。ビリー・ビーンの神通力は2007年を最後に鳴りを潜めている。結局、この頃から他球団が真似をして選手を取り始めたのだろう。
ニューヨーク・ヤンキース=NYYは、毎年トップクラスの金遣いをしながらただ1球団、上位を維持している。OAKとは対極だ。BOSは2010 年、NYYの向こうを張って大投資をしたのだが、それから2年、ポストシーズンに進出していない。また、デトロイト・タイガース=DETも2008年に NYY張りの大補強をしたが、大失敗に終わっている。シアトル・マリナーズ=SEAも2008年の大投資が裏目に出てから低迷している。
ミネソタ・ツインズ=MINは、OAKの後継者とも言うべきコストパフォーマンスの良さだったが、マウアーと長期契約を結ぶなど大投資をしたとたんに最下位に沈んでいる。
ナリーグでは、ニューヨーク・メッツ=NYM、シカゴ・カブス=CHCが、不良債権に苦しんできたのがよくわかる。フィラデルフィア・フィリーズ=PHIは、NYY化しつつあるようだ。フロリダ・マーリンズ=FLAやピッツバーグ・パイレーツ=PITは、「白星単価」は低いが勝ち星も低いという「負け組」が続いていた。しかしPITは浮上の兆しが少し見えた。
OAKに代わる「マネーボール」を代表するチームは、間違いなくタンパベイ・レイズ=TBだ。2007年には完全な負け組だったが、そこから大きな投資をすることなく勝ち星だけを上げてきた。今季は他球団の草刈り場となって、多くの選手を失ったが、それでも91勝を挙げた。「白星単価」は堂々の一位だ。
このデータを見ると、本当の意味での「金満球団」は、NYYだけだということがわかる。他球団が同じような投資をしても、大抵大失敗に終わっている。金に糸目をつけないやり方は、本当の金持ちにしかできないのだろう。
1勝の価格は、毎年確実に値上がりしている。今では30球団平均で170万ドルに迫ろうとしている。









<マネーボール理論>
既成概念を打ち破った男の組織革命。各種のビジネスにも応用できる。
マネーボール理論.jpg

台風「マネー・ボール」 (詳細クリック!)









ペンセイバーメトリクス - Wikipedia
セイバーメトリクス(SABRmetrics, Sabermetrics)とは、野球においてデータを統計学的見地から客観的に分析し、選手の評価や戦略を考える分析手法である。
セイバーメトリクスとは、野球ライターで野球史研究家・野球統計の専門家でもあるビル・ジェームズ(George William “Bill” James, 1949年- )によって1970年代に提唱されたもので、アメリカ野球学会の略称 SABR(Society for American Baseball Research)と測定基準(metrics)を組み合わせた造語である。ジム・アルバート、ジェイ・ベネットが著した『メジャーリーグの数理科学(原題Curve Ball)』はセイバーメトリクスについてわかりやすく解説している。
野球には、様々な価値基準・指標が存在するが、セイバーメトリクスではこれらの重要性を数値から客観的に分析した。それによって野球における采配に統計学的根拠を与えようとした。しかし、それは野球を知っているものならば「常識」であるはずのバント・盗塁の効力を否定するなど、しばしば野球の従来の伝統的価値観を覆すものであると同時に、ジェームズ自身が本格的に野球をプレーした経験が無く、無名のライターに過ぎなかったこともあって当初は批判的に扱われた。この理論が一般的に知られるようになった現在でも「野球はデータではなく人間がプレーするもの」という野球哲学を持つ人々からは歓迎されていない風潮がある。一方、メジャーリーグは、公式記録にセイバーメトリクスに基づく指標を複数使用している。









雷 ビジネス最先端 掲示板 BBS
http://business1st.dtiblog.com/


マネーボール理論(セイバーメトリクス) 掲示板


posted by 注目の話題 at 23:41| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。