2011年09月13日

Pink Floyd(ピンク・フロイド) 掲示板

<Pink Floyd(ピンク・フロイド)>
最新リマスタリング発売&初来日40周年記念 総特集!
PinkFloyd(ピンク・フロイド).jpg

ひらめき「ピンク・フロイド 深遠なる迷宮への誘い」 (詳細クリック!)





ペンピンク・フロイド - Wikipedia
ピンク・フロイド (Pink Floyd) は、イギリス出身のロック・バンド。幻想的かつ実験的な音楽性やスペクタクルに富んだライブ、現代社会における人間疎外や政治問題をテーマにした文学的、哲学的な歌詞で世界的に人気を博した。芸術面で高い評価を得る一方で、『狂気』は4,500万枚、『ザ・ウォール』は3,000万枚のメガ・セールスを記録し、レコード、CD総売り上げは2億1,000万枚(2005年)、商業的にも大成功を収めたグループである。
日本ではいわゆるプログレッシヴ・ロックの代表格として扱われることが多いが、クラシック音楽やジャズをバックグラウンドに卓抜したテクニックを披露する技巧派の類とは異なり、ブルースやサイケデリック・ロック、アシッド・フォークなどをバックボーンに持つ。彼らの演奏は一般的なプログレッシブ・ロックに見られる細かい符割りや変拍子とは無縁であるが、その音楽は独自の浮遊感・陶酔感を湛えている。彼らの音楽性は、ジ・オーブやKLFなどのいわゆるエレクトロニカ関連のアーティストにも大きな影響を与えている。


位置情報ピンク・フロイド 公式サイト
http://www.pinkfloyd.com/


位置情報ピンク・フロイド Facebook
http://www.facebook.com/pinkfloyd













ペン「ピンク・フロイド」の道はプログレッシヴ・ロックの道なり
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000298.000000664.html
2011年9月28日(水)、いよいよ「ピンクフロイド(Pink Floyd)」の最新リマスタリング・シリーズがリリースされます。
ピンク・フロイドは、イギリス出身のシド・バレット、ロジャー・ウォーターズ、ニック・メイスン、リチャード・ライトの4人により1967年に最初のアルバム『夜明けの口笛吹き』をリリース。翌68年にはシド・ヴァレットが抜けデヴィッド・ギルモアが加入、プログレッシヴ・ロックを代表する歴史的な傑作アルバムを多数リリースしてきました。2006年にシド・バレット、2008年にはリチャード・ライトが他界するも、彼らの音楽はいまだ聴き継がれ、アルバム・トータルセールスは世界で2億枚を超えています。
今年5月、EMIの”2011 年9月からピンク・フロイドの大規模リリースキャンペーン実施“という公式発表以来、全世界から注目を集めるこの企画は、9月、11月、そして2012年2月の3回に分けてピンク・フロイドの様々なアルバムが登場するというものです。
その、メインとなるのが、第一弾として9月28日にリリースされるオリジナル・スタジオ・アルバム全14タイトルの最新リマスターシリーズ「14アルバム・ボックス」。
『夜明けの口笛吹き』(1967年)、『神秘』(1968年)、『モア』(1969年)、『ウマグマ』(1969年)、『原子心母』(1970年)、『おせっかい』(1971年)、『雲の影』(1972年)、『狂気』(1973年)、『炎〜あなたがここにいてほしい』(1975年)、『アニマルズ』(1977年)、『ザ・ウォール』(1979年)、『ファイナル・カット』(1983年)、『モメンタリー・ラプス・オブ・リーズン』(1987年)、『対』(1994年)の全14作品が最新リマスターを施され新登場します(*カッコ内はオリジナル発売)。2000年代に入ってからリマスターされた『夜明けの口笛吹き』、『狂気』以外の全ては十数年ぶりとなるリマスターです。
リマスタリングを行ったのはピンク・フロイドではお馴染みの米のエンジニア、ジェイムス・ガスリー。また、CDのブックレットなども、長年ピンク・フロイドのアート・ディレクターを務めているストーム・トーガソン監修のもと、デザインが一新され、歴史的名盤が新しい音とビジュアルでよみがえることとなりました。
これらオリジナル・スタジオ・アルバム全14タイトル以外に、全オリジナル・スタジオ・アルバムにフォトブックが付属したボックスセット、『狂気』、『炎〜あなたがここにいてほしい』、『ザ・ウォール』は通常盤以外に、未発表音源を含むデラックス・エディションなど歴史的名盤が新しい音とビジュアルでよみがえることとなり、コアなファンから、初めてピンク・フロイドに接する音楽ファンまで、幅広いリスナーに興味をお持ちいただける様々なアイテムが話題を集めています。
今回の一連のプロジェクトに関し、EMIグループのCEO、ロジャー・ファクソンは「これは歴史上最も創造的で影響を与えたバンドの1つとEMIのユニークなコラボレーションである。このリリースには1年以上の歳月を費やし、ピンク・フロイドを現代音楽において最も刺激的なバンドにしたすべての要素が含まれている。」と語っています。
オフィシャル・ウェブサイト、http://www.pinkfloyd.com/ には今なお毎日多数のファンが訪れ、FaceBookには現在1,100万人のフォロアーを擁するピンク・フロイド。今回の大規模リリースキャンペーンはポピュラー音楽史に残る非常に大きな事件になることは間違いありません。





爆弾ピンク・フロイド「狂気 (The Dark Side of the Moon)」 (詳細クリック!)


爆弾ピンク・フロイド「炎〜あなたがここにいてほしい(Wish You Were Here)」 (詳細クリック!)


爆弾ピンク・フロイド「ザ・ウォール(Wall)」 (詳細クリック!)















TVピンク・フロイド ロンドン 1966-1967 [DVD]
ピンク・フロイドの初期メンバーによるレコーディングやライブ風景を収録。ジョン・レノンオノ・ヨーコがスタジオに顔を出している貴重な映像や、ビッグアーティストのインタビューも収録。CD付き。




TVザ・ウォール [DVD]
ピンク・フロイドの大ヒット作『The Wall』の制作プロセスとそのツアーなど、一連のプロジェクトを追ったドキュメンタリー映画の再編集版。













カラオケピンク・フロイド日本公演インタビュー(1972年3月)
http://www.avis.ne.jp/%7Efancysc/column19.html














<MP3ダウンロード>
無料ダウンロード曲も多数あります。掘り出し物の音が見つかるかも!
音楽MP3無料ダウンロード.jpg

ひらめきMP3ダウンロード特集サイト (クリック!)
(*)J-POP
(*)ポップス
(*)ロック
(*)ハードロック・ヘヴィメタル
(*)ブルース・カントリー
(*)フォーク
(*)ソウル・R&B
(*)ヒップホップ
(*)ダンス・エレクトロニカ
(*)ジャズ・フュージョン
(*)クラシック
(*)レゲエ
(*)ワールド
(*)ニューエイジ・イージーリスニング
(*)サウンドトラック
(*)アニメ・ゲーム音楽
(*)キッズ・ファミリー
(*)演歌・歌謡曲・軍歌
(*)日本の伝統音楽
(*)バラエティ・効果音





サーチ(調べる)あなたの好きなアーティストは?

















<エフェクター>














<エレキギターを弾きたい人へ>












イベント素敵な情報 画像 掲示板 BBS 全国各地のイベント 注目の話題 今週の予定 面白い話題 今週の予定 注目の話題 注目の記事
http://eventinfo.dtiblog.com/blog-category-3.html

Pink Floyd(ピンク・フロイド) 掲示板


posted by 注目の話題 at 21:41| 好きなアーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。