2011年09月05日

ブッダ(仏陀。仏教を開いた釈迦)仏の悟り 瞑想 掲示板

<釈迦が悟りを開いたブッダガヤの菩提樹>



(*)仏陀 - Wikipedia
仏陀(ブッダ、buddha)は、仏ともいい、悟りの最高の位「仏の悟り」を開いた人を指す。buddha はサンスクリットで「目覚めた人」「体解した人」「悟った者」などの意味である。


(*)仏教 - Wikipedia
仏教(ぶっきょう、Buddhism)は、インドの釈迦(ゴータマ・シッダッタ、あるいはガウタマ・シッダールタ)を開祖とする宗教である。
仏教とは一般に、仏陀(目覚めた人)の説いた教え、また自ら仏陀に成るための教えであるとされる。
約2500年前(紀元前5世紀)にインドにて発生。
仏教の教義はあらゆる生命の住む世界を「世間」とし、そこでの生き方に関する教え(世間法)と、それらを越えて悟りに至る教え(出世間法)との二軸で構成される。
三法印(3つの根本思想):諸行無常、諸法無我、涅槃寂静











ブッダの真理のことば.jpg

本「ブッダの真理のことば・感興のことば」(詳細クリック!)



TV100分 de 名著 ブッダ 真理のことば」(NHK教育)
http://www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/05_dhammapada/index.html
仏教の創始者・ブッダが語った言葉をまとめたとされる「ダンマパダ」(邦訳「真理のことば」)を取りあげた番組が、NHK教育にて放送です。(全4回)

(*)第1回:生きることは苦である
2011年9月 7日(水)PM10:00〜10:25
釈迦族の王子だったブッダは、成長するにつれ、人の生、老、病、死について、深く考えるようになった。そして29歳の時に、家族を捨てて出家、修業しながら深い思索に励んだ。悟りを開いた時、ブッダは、自らが考えた真理を人々に語る。それが最初の説法とされる「ダンマパダ」191番である。ブッダは、人生は、老いや病など、苦しみの連続であるが、心のあり方を見直せば、苦しみを克服することが出来ると説いた。第1回では、ブッダが見抜いた「人生」と「苦」の本質に迫る。


(*)第2回:うらみから離れる
2011年9月14日(水)PM10:00〜10:25
人間は、現実と希望とのギャップに常に苦しむものだとブッダは説いた。人には生存への欲求があり、世の中が自分にとって都合の良い状態であることを願っている。しかしその願いがかなわないと知る時、人は正常な判断力を失い、「あの人は私に意地悪をしている」などと、根拠なく思いこむことがある。ブッダはこうした状態を「無明」と称した。第2回では、「無明」から生まれる「うらみ」について学ぶ。


(*)第3回:執着を捨てる
2011年9月21日(水)PM10:00〜10:25
人は様々なものに執着して生きている。しかし執着が過度に強くなると、家族や財産といった、本来幸せをもたらすはずのものも、自分の思い通りにならないことにいらだち、苦しみを感じてしまう。ブッダは、自分勝手な執着をいましめるとともに、自分の教えについても、過度に執着してはならないと説いた。そして、自分を救えるのはあくまでも自分自身であり、自分の心を正しく鍛えることによって、心の平安を得ることが出来るとした。第3回では、依存ではなく、心の自立を説いたブッダの思想について考える。


(*)第4回:世界は空なり
2011年9月28日(水)PM10:00〜10:25
ブッダは、人の心がどのように変化するかを、因果関係に基づいて論理的に分析した。そして瞑想によって集中して考え、自分の心の状態がどうなっているか、きちんと把握することが悟りへの道であるとした。最終回では、大阪大学大学院の教授で認知脳科学を研究している藤田一郎さんを招く。人間の脳は、物事をどのように認識しているのか、ブッダの教えを脳科学の面から検証する。そして今シリーズの講師役・佐々木閑教授とともに、「真理のことば」が、現代に生きる私たちに発しているメッセージについて語り合う。









<2500年続いてきたシンプルな瞑想法>
ブッダの瞑想法.jpg

ひらめき「実践 ブッダの瞑想法(DVD付)」 (詳細クリック!)
 ブッダが悟ったヴィッパサナー瞑想を日本人に合った形で実践的に紹介。初心者〜上級者まで、瞑想がマスターできる本格DVD付。













<ブッダとは誰なのか。>
知の二大巨頭(梅原猛と五木寛之)の対談
仏の発見の五木寛之&梅原猛.jpg

本「仏の発見」(詳細クリック!)
ブッダとは誰なのか。仏教の救いとはなんなのか。親鸞の眼を通して肉迫する作家と、仏教史の常識を覆す知の巨人の対決。悪の時代を生き抜くための、仏教思想の秘密が明らかに。













映画「手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく」
http://wwws.warnerbros.co.jp/buddha/
手塚治虫のベストセラー漫画が映画化。2011年5月28日(土)
声の出演は、吉岡秀隆、吉永小百合、堺雅人、観世清和、黒谷友香、折笠愛、竹内順子、玄田哲章、水樹奈々、櫻井孝宏、ほか。




2500年前のインド・シャカ国。世界の王となると予言された王子、ゴータマ・シッダールタが生まれる。幼いころから厳しい階級社会に疑問を抱いていたシッダールタは、敵国コーサラ国の勇者、チャプラに出会う。最下層の身分から頂点を目指すチャプラと高貴なシッダールタの運命は、そのとき変化しようとしていた。。


晴れ手塚治虫「ブッダ(全12巻)」













いい気分(温泉)団塊の世代 掲示板 団塊世代 BBS
http://dankaisyowa.seesaa.net/










かわいい治療と予防
http://diseaseinfo.dtiblog.com/
胃がん、大腸がん、肺がん、乳がん、子宮がん、白血病、肝炎、脳梗塞、うつ病、心筋梗塞、高血圧、更年期障害、リウマチ、腰痛、椎間板ヘルニア、白内障、歯周病、アトピー性皮膚炎、水虫、痔、感染症、糖尿病、メタボリックシンドローム、生活習慣病、ストレス









<山が見える露天風呂の宿>





ブッダ(仏陀。仏教を開いた釈迦)仏の悟り 瞑想 掲示板


posted by 注目の話題 at 08:10| 学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。