2010年08月04日

ドラッカーのマネジメント

ドラッカーのマネジメント
ドラッカー.jpg

ひらめきP・F. ドラッカー「マネジメント - 基本と原則(エッセンシャル版)」
ドラッカーが自らのマネジメント論を体系化した大著『マネジメント◯◯課題、責任、実践』のエッセンスを、初心者向けに一冊にまとめた本格的入門書。本書は、マネジメントの仕事とは実践であり、成果を出すことであると明確に規定する。そして、そのためにマネジメントが果たすべき使命と役割、取り組むべき仕事、さらには中長期的に考えるべき戦略について、具体的に解説する。組織で働く人に、新しい目的意識と勇気を与える書。














ドラッカーが60分で分かるDVD
ドラッカーが60分で分かるDVD.jpg

ぴかぴか(新しい)「これを見ればドラッカーが60分で分かるDVD」 (詳細クリック!)
今、最も有名な経営学者ピーター・ドラッカー。グーグルやユニクロなど、ドラッカーのマネジメント理論を忠実に実践することで成功を収めた企業は枚挙にいとまがない。
『これを見ればドラッカーが60分で分かるDVD』は、近代的マネジメントの父として知られるピーター・ドラッカーの人生、思想、そしてその偉大な業績を探る60分間のドキュメンタリー作品である。
ヨーロッパにおける彼の若い頃から、アメリカ合衆国でのマネジメントの草分けとしての仕事まで、基本的なキーワードの説明を交えつつ、ドラッカーの“知の軌跡”をたどる本作は、忙しくて本を読む時間のないドラッカー初心者から、ドラッカーについてもっとよく知りたいドラッカリアン(ドラッカー愛読者)まですべての人にお勧め!!













ペンピーター・ドラッカー - Wikipedia
ピーター・ファーディナンド・ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker、1909年11月19日 - 2005年11月11日)は、オーストリアウィーンと生まれのユダヤ系経営学者・社会学者。
ユダヤ系だったドラッカーは、ナチスの勃興を目撃し、ウィーン革命などで古い19世紀的ヨーロッパ社会の原理が崩壊するのを目撃し、危険と悟って英国を経て、アメリカに家族とともに逃れた。
そこで彼が目にしたのは20世紀の新しい社会原理として登場した組織、巨大企業だった。彼はその社会的使命を解明すべく、GMを題材にした著作に取り掛かる。その著作は組織運営のノウハウすなわちマネジメントの重要性をはじめて世に知らしめた。
彼は「分権化」などの多くの重要な経営コンセプトを考案したがその興味・関心は企業の世界にとどまることをしらず、社会一般の動向にまで及んだ。「民営化」や「知識労働者」は彼の造語で、後に世界中に広まる。特に非営利企業の経営には大きなエネルギーを費やした。
著書『産業人の未来』『わが軌跡』などによると、エドマンド・バークの保守思想の影響があるとされる。
彼の著作には大きく分けて組織のマネジメントを取り上げたものと、社会や政治などを取り上げたものがある。本人によれば彼のもっとも基本的な関心は「人を幸福にすること」にあった。そのためには個人としての人間と社会(組織)の中の人間のどちらかのアプローチをする必要があるが、ピーター自身が選択したのは後者だった。
また、著書の『すでに起こった未来』(原題"The Ecological Vision")では、みずからを生物環境を研究する自然生態学者とは異なり人間によってつくられた人間環境に関心を持つ「社会生態学者」と規定している。ベニントン大学、ニューヨーク大学教授を経て2003年までカリフォルニア州クレアモント大学院教授を歴任。「現代経営学」あるいは「マネジメント」(management)の発明者と呼ばれる。



位置情報ドラッカー学会(Workshop for Studies of Peter F. Drucker's Management)
http://www.drucker-ws.org/


位置情報The Drucker Institute - Claremont Graduate University
http://www.druckerinstitute.com/


本ドラッカー名著集1 経営者の条件

本柳井正「わがドラッカー流経営論」 ユニクロ躍進の原動力、そこにはドラッカーの教えがある。








時計ビジネス最先端
ドラッカーのマネジメント


posted by 注目の話題 at 09:56| 学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。