2010年08月03日

はだしのゲン

はだしのゲン

ひらめきはだしのゲン [DVD]
「昭和20年8月6日、広島の空は晴れていました」。漫画家、中沢啓治氏が自身の被爆体験をもとに、戦争への怒りと悲しみを描いた不朽の名作「はだしのゲン」。日本だけでなく、世界でも読み継がれるこの名作が完全ドラマ化。太平洋戦争末期の広島を舞台に、非国民と蔑まれながらも反戦を唱え、過酷な状況の中たくましく生きた家族を描く。中井貴一と石田ゆり子が共演。視聴率は前編18・2%、後編20.5%の高視聴率を獲得!




ペンはだしのゲン - Wikipedia
『はだしのゲン』は、中沢啓治による、自身の原爆の被爆体験を元にした漫画。通称「はだゲン」。同漫画を原作として実写映画やアニメ映画・テレビドラマも製作されている。戦中戦後の激動の時代を必死に生き抜こうとする主人公中岡ゲンの姿が描かれている。
物語は、広島県広島市舟入本町(現在の広島市中区舟入本町)に住む国民学校2年生の主人公・中岡元(なかおか げん “以下、ゲン”)が1945年8月6日に投下された原爆で父・大吉(だいきち)、姉・英子(えいこ)、弟・進次(しんじ)の3人を亡くしながらも、たくましく生きる姿を描く。


位置情報プロジェクト・ゲン(各言語版への翻訳出版グループ)
http://homepage2.nifty.com/hadashinogen/

家「広島平和記念資料館」(広島市)
http://www.pcf.city.hiroshima.jp/








イベント素敵な情報 画像 掲示板 BBS 全国各地のイベント 注目の話題 今週の予定 面白い話題 今週の予定 注目の話題 注目の記事
http://eventinfo.dtiblog.com/blog-category-3.html
はだしのゲン


ラベル:はだしのゲン
posted by 注目の話題 at 22:59| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。