2010年07月22日

血糖値を下げる食事

糖尿病の合併症
糖尿病のための「糖質オフ」ごちそうごはん.jpg

かわいい糖尿病のための「糖質オフ」ごちそうごはん  (詳細クリック!)
糖質制限食とは糖尿病のための食事療法のひとつ。
糖尿病の人も、糖質をおさえた食品選びとメニューなら、お肉、お魚を使ったごちそうを食べられます。












ペン糖尿病 - Wikipedia
 糖尿病(とうにょうびょう、Diabetes Mellitus: DM)は、血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が病的に高い状態をさす病名である。ひとことに血糖値が高いと言っても、無症状の状態から、著しいのどの渇き・大量の尿を排泄する状態、さらには意識障害、昏睡に至るまで様々であるが、これらをすべてまとめて、血糖値やヘモグロビンA1c値が一定の基準を越えている場合を糖尿病という。糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると体中の微小血管が徐々に破壊されていき、目、腎臓を含む体中の様々な臓器に重大な傷害を及ぼす可能性があり、糖尿病治療の主な目的はそれら合併症を防ぐことにある。
 1型糖尿病(いちがたとうにょうびょう)(ICD-10:E10)は膵臓のランゲルハンス島でインスリンを分泌しているβ細胞が死滅する病気である。患者の多くは10代でこれを発症する。血糖を下げるホルモンであるインスリンの分泌が極度に低下するかほとんど分泌されなくなるため、血中の糖が異常に増加し糖尿病性ケトアシドーシスを起こす危険性が高い。そのためインスリン注射などの強力な治療を常に必要とすることがほとんどである。
 2型糖尿病(にがたとうにょうびょう)(ICD-10:E11)はインスリン分泌低下と感受性低下の二つを原因とする糖尿病である。一般的に「生活習慣が悪かったので糖尿病になりました」と言う場合、この2型糖尿病を指す。

ペン糖尿病慢性期合併症 - Wikipedia
 糖尿病慢性期合併症とは糖尿病に罹患してから数年を経て発症する合併症である。糖尿病で血糖をコントロールする目的は殆どはこれらの予防である。これらの合併症は多彩であるが、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症の微小血管障害によって生じるものを、糖尿病の「三大合併症(triopathy)」といわれる。これら3つの合併症を後述の血管障害、いわゆる大血管障害と対応させて、小血管障害という。小血管障害は糖尿病発症の経過と比較することが重要である。神経障害は比較的早期から出現してくるが、網膜症は発症から5年ほどで出現してくる、発症10年で約50%で出現する。網膜症は腎症に先行することが多く、網膜症がなければ、腎機能障害は腎症によるものではなく、高血圧など別疾患によるものである可能性が高い。











位置情報糖尿病ホームページ(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/seikatu/tounyou/index.html

位置情報日本糖尿病学会
http://www.jds.or.jp/

位置情報(社)日本糖尿病協会
http://www.nittokyo.or.jp/

位置情報糖尿病で怖いのは合併症(糖尿病の治療予防大辞典)
http://fhtyay.net/union/










本一生使える毎日の糖尿病献立

本糖尿病合併症まるわかり事典

本白内障・緑内障・糖尿病網膜症(よくわかる最新医学)

本インスリン療法マニュアル

本脳梗塞・心筋梗塞を防ぐ食事 血栓を作らないメニューで血液サラサラに

本知りたいことのすべてがわかる糖尿病性腎症教室

本糖尿病食 7種セット(お取り寄せ)










TV「きょうの健康 しのびよる糖尿病合併症を防ぐ」(NHK教育テレビ)
http://www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/
2010年(平成22年)7月26日(月)〜30日(金)PM8:30〜PM8:45
変わる診断基準、新しい治療薬、心臓病
早期から注意、視力を守るために、







糖尿病の合併症
細小血管障害(3大合併症):糖尿病性網膜症 糖尿病性腎症 糖尿病性神経障害
大血管障害(動脈硬化):心筋梗塞 狭心症 脳卒中(脳梗塞 脳出血) 閉塞性動脈硬化症
その他の合併症:感染症 糖尿病性壊疽 糖尿病性骨減少症、

注目の話題 治療と予防 病気と医療の本 情報 掲示板 BBS ダイエット 治療と予防 糖尿病の合併症 病院掲示板 治療と予防


posted by 注目の話題 at 14:54| 健康生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。