2018年09月20日

透明なゆりかご

透明なゆりかご
NHKドラマ透明なゆりかご.jpg


NHKの連続ドラマ「透明なゆりかご」(全10話)は、産婦人科医院を舞台にした医療ドラマで、命の物語です。
毎回、幸せな出産の裏にある陰に向き合うテーマがシリアスで観るのが辛いと思うこともあるのですが、命の大切さを考えさせてくれたり、なんとも言えない余韻を与えてくれる良いドラマでした。


葉山奨之(透明なゆりかご).jpg



私にとっての神回は、第4話の「産科危機」でした。

あらすじ(ネタバレ注意)
真知子(マイコ)の分娩が始まった。無事に女の子を出産し、夫の陽介(葉山奨之)は感激のあまり言葉も出ない。だが由比(瀬戸康史)は、真知子の体調の異変にいち早く気づいていた。産後の出血がなかなか収まらず、意識も低下。榊(原田美枝子)、紗也子(水川あさみ)らも加わって必死の処置をするが、由比は大学病院への搬送を決意。救急車で運ばれてゆく真知子を、アオイ(清原果耶)はなすすべもなく見送る。そして、亡くなってしまう。
心優しい陽介だったが、突然妻を亡くしたことから激昂し、由比産婦人科を刑事告訴することに。結局、弁護士の方針もあり、告訴を取り下げるが、一人で赤ちゃんを育てる陽介の苦難。。


葉山奨之さんの迫真の演技に感動しました。良い俳優になると思います。











ドラマ「透明なゆりかご」主題歌
透明なゆりかごの主題歌「せつないもの」.jpg

「せつないもの」(視聴あり)


ドラマ「透明なゆりかご」の主題歌は、Charaさんの「せつないもの」で、1997年のアルバム「Juniour Sweet」のラストに収録されているバラードです。


Charaせつないもの歌詞.jpg












癒しの動画(YouTube 動画)


ランタン揚げイベント(夜空に浮かぶ灯りと幻想的な光景)

平和への祈りと癒しのオルゴール音楽

琵琶湖のほとりとアヒルの群れ(癒しの風景)

松山千春「これ以上」(心に染みるラブソング)

雪柳は春に咲く可憐で小さい白い花

チューリップと春の花と可愛い動物に会えるブルーメの丘

疲れた時に聴きたいヒーリングミュージック

レトロなゼンマイ時計の時を刻む音とワイヤークラフト

癒しのエアーディスプレイ

苔の隙間から水滴が滴り産卵みたいな映像(コケの世界)

陶あかり展(幻想的な癒しの芸術作品)

飛び出し坊やのとび太くん










小さな幸せ

ありがとう

意味









NHKドラマ「透明なゆりかご」は産婦人科医院を舞台にした泣けるドラマです。


posted by 注目の話題 at 04:22| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。