2012年11月06日

キンドル 使い方

アマゾンの「キンドル」が日本上陸
世界で最も先進的な電子書籍リーダー


かわいいKindle(キンドル)

ジェフベゾス.jpg



アマゾン・キンドル - Wikipedia
アマゾン・キンドル (Amazon Kindle) は、Amazon.com が製造・販売する電子ブックリーダーデバイス、同ソフトウェアおよび電子書籍関連サービスである。専用端末やパソコン、スマートフォン、タブレットなどで電子書籍を読むことができる。
2012年10月25日に日本向けのKindleストアが開設。


Kindle(キンドル)値段



キンドル上陸、二刀流の切れ味
ジェフ・ベゾスCEOインタビュー「iPadミニは比較にならない」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20121101/238911/
(日経ビジネス オンライン 2012年11月5日)

米アマゾン・ドット・コムが4カ月の沈黙を破って「キンドル」日本上陸を発表した。地位を固めた電子書籍と、新規参入するタブレットの「二刀流」を日本で試す。ジェフ・ベゾスCEOは「我々が提供するのは端末ではなくサービスだ」と自信を見せる。
 10月24日午後3時半、米アマゾン・ドット・コムは電子書籍サービス「Kindle(キンドル)」の日本開始をウェブサイトで発表。事前予約を開始した。その日の夜、お忍びで日本を訪れ、東京都内でスタッフと夕食を囲んでいた同社のジェフ・ベゾスCEO(最高経営責任者)の元に興奮した声が届いた。
 アマゾンが発売するキンドルは大きく2種類。2012年11月19日に発売予定の電子書籍専用端末「Kindle Paperwhite(キンドルペーパーホワイト)」と、12月19日発売予定の汎用型タブレット端末「Kindle Fire(キンドルファイア)」だ。いずれも米国で9月6日に発表したばかりの新製品である。


Kindle(キンドル購入)




キンドル使い方











ONE PIECEも読める
Kindle(キンドル)本と漫画コミック

台風「ONE PIECE」 (詳細クリック!)










「Kindleストア」で本を読む
http://www.yomiuri.co.jp/net/column/mobile/20121030-OYT8T00910.htm
(2012年10月31日 読売新聞)

 米アマゾンが提供する電子書籍サービス「Kindle(キンドル)」が、いよいよ日本でも本格的にAmazon.co.jpによってサービスインした。
「Kindleストア」は、オリコン週間ランキングに入っている書籍、文庫、漫画などの日本語書籍5万冊を取りそろえて、2012年10月25日にスタートした。
 そのうち漫画タイトルが1万5000冊程度を占め、夏目漱石、太宰治、宮沢賢治といった文豪の名作1万冊以上も含まれる。英語やその他の言語の書籍も含めると、140万冊以上の品ぞろえになる。
 購入した電子書籍は、現段階ではiPhone(アイフォーン)、iPad(アイパッド)、iPod touch(アイポッドタッチ)、Android(アンドロイド)スマートフォンおよびタブレット端末で、専用アプリを使って読むことができる。
 また、一度購入すれば、同じアカウントを利用することでどの端末でも読むことができ、どこまで読んだかなどの情報も同期される。





晴れKindle(キンドル)電子書籍

Kindle(キンドル)電子書籍

























訳あり無料情報やお得な情報 Kindle(キンドル)
ラベル:キンドル
posted by 注目の話題 at 16:02| 新商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。